プロが感じる「バイクの運転が上手い」と感じるポイントとは? 『小野木里奈の○○○○○日和』

『小野木里奈の○○○○○日和』は、ヤマハさん主催の『YRA(ヤマハ・ライディング・アカデミー)大人のバイクレッスン』で今回ご指導いただいたインストラクターさんお二人にお話をお聞きしました。 

レッスンで教わった技術を実践でおさらい

 皆さんこんにちは!小野木里奈です。これまで、ヤマハさん主催の『YRA(ヤマハ・ライディング・アカデミー)大人のバイクレッスン』の番外編として、前回に引き続きご指導いただいた中澤裕司インストラクターと伊集院忍インストラクターにお聞きしました!今日でレッスンレポート完結でございます。

「バイクの運転が上手い」と感じるポイントをインストラクターのお二人に聞きました
「バイクの運転が上手い」と感じるポイントをインストラクターのお二人に聞きました

 そんなプロの方に私が聞いてみたかったこと。それは、「バイクの運転が上手い」と感じるポイントです! 例えば、公道で走っている姿を見ても判断できるのかなど、お聞きしてみました!それではスタート!

私:公道やレッスン中に、運転がうまいな、と判断するポイントは何でしょうか?

走行の上手い下手は、真っ直ぐ走っている姿を一瞬見ただけでわかる
走行の上手い下手は、真っ直ぐ走っている姿を一瞬見ただけでわかる

中澤インストラクター:そうですね… なんなら、真っ直ぐ走っている姿を一瞬見ただけでわかっちゃいます。(笑)

私:なんと!!!本当ですか!?

中澤インストラクター:はい(笑) ね?(伊集院インストラクターに)

伊集院インストラクター:わかっちゃいますね。(笑)

中澤インストラクター:それこそ、こういう駐車場からコースに出て行くまでの瞬間でもわかります。

私:えええ!!なんでそんな一瞬でわかってしまうんですか?

中澤インストラクター:その人の発するオーラですかね(笑)

私:オーラ!(笑)

一瞬見ただけでオーラ(笑)を感じると聞いたら驚いてしまいます!
一瞬見ただけでオーラ(笑)を感じると聞いたら驚いてしまいます!

中澤インストラクター:オーラは冗談ですが… でもその一瞬見ただけでわかるのは本当です。やはり、上手な方は形がしっかりなさってます。街乗りで信号待ちから発進する姿勢などもそうですし。

私:形と言いますと、運転の姿勢のことですか?

中澤インストラクター:姿勢もそうですし、アクセルの開け方やギアチェンジのタイミングなどですかね。

私:伊集院インストラクターもですか?

上手い人は体がリラックスして、下半身でしっかり車両を支えられている
上手い人は体がリラックスして、下半身でしっかり車両を支えられている

伊集院インストラクター:全く同じですね。パッと見てこの人はちゃんと乗れているなどわかりますね。あとは体の力の入り方にしてもちゃんと乗れている人は違うなと思います。乗り慣れていない人は、身体が緊張して力が入りすぎていることが多いです。上手い人は体がリラックスして、下半身でしっかり車両を支えられていますよね。

私:そうなんだ…。

伊集院インストラクター:真っ直ぐ走っているだけでも姿勢として表れているので、一瞬でわかるというわけです。

私:私は勝手に教習所で習ったスラロームや、小旋回などのポイントを走っている姿で判断するのかなと思い込んでました。でも真っ直ぐ走っている姿勢だけでもわかってしまうものなのですね。

オフロード走行のポイントや乗車姿勢などを、事前に詳しく解説してくれます
オフロード走行のポイントや乗車姿勢などを、事前に詳しく解説してくれます

中澤インストラクター:もちろん、ざっくりですけどね。50m走っている姿でも判断できますが、(スラロームや小旋回などの)セクションごとにも得意不得意も人それぞれです。例えば、低速は上手だけど車両を倒すのは苦手、ブレーキは得意な一方でカーブが苦手など、十人十色ですね。私たちは生徒の皆さん一人一人に合ったアドバイスをするように心がけています。

私:駐車場から出てくる一瞬でもわかってしまうのは衝撃的でした(笑) やっぱり職人さんなんだなぁと思います。

バイクの特性によって乗り方は変わる

 一瞬でもわかってしまう観察眼と分析力は、日本を代表する選手であり、インストラクターならではの技術なのかなと思います。熟練の技術は、やはり職人さんなんだなぁと憧れてしまいますね!

オフロードは、スタンディングの状態で走行するとスキーに下半身の使い方が似ている
オフロードは、スタンディングの状態で走行するとスキーに下半身の使い方が似ている

私:あと気になったのが、特にオフロードバイクをスタンディングの姿勢で運転していると、下半身の使い方がスキーに似ていました。

中澤インストラクター:そう!たしかにそれはよく聞きますね。

伊集院インストラクター:うんうん、聞きますね。

私:スキーのように、体の使い方が似ているスポーツもあるのでしょうか。

中澤インストラクター:同じバイクでも、トライアルはステップの踏み込みが違ったりします。トライアルを担当している野崎インストラクターと、オフロードを担当している僕たちの教え方やカリキュラムをお互い共有するとちょっと違ったりしているんですよね。同じバイクの中でもこれだけ体の使い方や技術も変わってくるので、オフロードの場合は少しスキーと似ているかもしれませんが、それ以外で似ているスポーツは少ないかも。

お二人の話を聞いているとトライアルにも興味が出てきます
お二人の話を聞いているとトライアルにも興味が出てきます

 バイクの中でもそれぞれ体の使い方や技術の特徴が違ってくるんですね。お二人の話を聞いていると、トライアルなど色んなバイクレッスンに参加してみたくなりました。

私:ちなみに普段、スタンディングの姿勢で公道を走ることはありますか?

伊集院インストラクター:そうですね… 渋滞の時に前がよく見えるように立つことはあります(笑)

私:あー!!たしかに見えそう!(笑)

伊集院インストラクター:でも、まぁあんまり見かけないですよね(笑) そもそもネイキッドやスポーツタイプの車両は立つために作られていないので、公道ではなかなか使わないかもしれませんね。

私:やはり、林道などが多いのでしょうか?

伊集院インストラクター:林道のように低速で先が読めないような状況では、視界を広くするためにスタンディングの姿勢を使うこともあります。あとは、長距離移動で疲れた方がスタンディングで走っているときありますよ。お尻が痛くなってしまうので(笑) 夏で暑い時もスタンディングの姿勢になって風を抜けるようにしたりとか。

私:このレッスンに参加できなかったら習得できなかった運転方法なので、今後さらにレパートリーが増えそうです。

林道や工事後の道などは、しっかりと路面の状況を判断しないと転倒の原因になります
林道や工事後の道などは、しっかりと路面の状況を判断しないと転倒の原因になります

伊集院インストラクター:田舎の山へ行くと、林道はいくらでもあるのでオフロードにも段階的に少しずつチャレンジしていってください。林道といっても工事した後の道やアタックツーリングレベルの猪が地面を掘った後にできるボコボコな道などたくさんあります。

また、水切りや「クレパス」という水が流れた跡は道路に対して同じ方向や横切って流れていたりなどありますが、それに対してタイヤの角度が斜めに侵入してしまうと溝にはまってしまうので、しっかり路面を判断しないと転倒の原因にもなります。

私:そういう見極めも重要なんですね。

伊集院インストラクター:そうです、路面を見て判断することは本当に大切なんです。なので、こういう路面が不安定なシーンでは、座った状態で路面が見えないので、スタンディングで路面を確認してゆっくり走行する方がいいかもしれませんね。

『心のブレーキ』を常に持つことが重要

私:最後に、「安全運転をするために一番大切なこと」は何でしょうか。

伊集院インストラクター:これは私自身が大切にしていることで、「心のブレーキを常に持って走行すること」です。よく耳にする「〇〇かもしれない運転」と近い考え方ですね。「人も少ないし、いいちゃえ!いっちゃえ!」という運転ではなく、もしかしたら事故を起こしてしまうかもしれない、「危ないからやめておこう」「少しスピードを落として景色を楽しもう」という、自分で自分を抑えられる『心のブレーキ』を常に持つことが安全運転に必要ではないかな、と考えています。

中澤インストラクターから今回も多くの技術を教わりました
中澤インストラクターから今回も多くの技術を教わりました

私:技術というよりも、心の保ち方が必要なのですね。

伊集院インストラクター:運転が上手い下手よりもまずはそこです。サーキットの技術がある方が公道で同じようにスピードを上げて走るのはとても危険ですよ(笑) 技術も大切ですが、まずはメンタル面で安全に走ろうという気持ちが大切だと思います。なので、皆さん、『心のブレーキ』よろしくお願いします!

中澤インストラクター:仰るとおりです。公道は法定速度もあるので、そこまで飛ばせる道は少ないですし、スピードはしっかりコントロールしていただきたいです。ここでやっぱり大切なのは『心のブレーキ』。我を失わずにその場の状況をしっかり判断・予測して運転することが安全運転に繋がっていくのかな、と思います。

私:たしかに、事故を起こしている方全員が、運転技術が低かったり初心者の方というわけではないですもんね。

中澤インストラクター:逆に、運転が上手い方でも調子に乗ってしまって自制心を失い、「楽しいからどんどんいっちゃえ!」ということもありますしね。上手い下手というよりも、常に意識して運転することが大切です。

 安全運転で大切なのは、運転技術ももちろんですがそれ以上に、心構えが大切ということを教わりました。慣れている時こそ、油断せず常に危険が伴うことを忘れてはいけないということです。そして、その際に自制心という、『心のブレーキ』を常に装備しておかなければなりません。

普段乗る上でもバイクで悩んでいることがあれば『YRA大人のバイクレッスン』に参加し、インストラクターさんに疑問をぶつけてみてください
普段乗る上でもバイクで悩んでいることがあれば『YRA大人のバイクレッスン』に参加し、インストラクターさんに疑問をぶつけてみてください

 いかがでしたでしょうか。『YRA(ヤマハ・ライディング・アカデミー)大人のバイクレッスン』では、ただバイクに乗ることを教わるだけでなく、休憩中にもインストラクターさんにお話を伺える時間もたくさんあります。プロの方にお話を伺う機会って中々ないですし、普段乗る上でもバイクで悩んでいることがあればこの場を使ってたくさんお話してみることをオススメします!

 たくさんの記事に分けて今回レッスンのレポートを書きましたが、ここまで読んでくださった皆さん、ありがとうございました!それでは、また次回新しいテーマでお会いしましょう~!

小野木里奈YouTubeチャンネル『時速ONOキロメートル』

【画像】「バイクの運転が上手い」と感じるポイントを画像で見る(15枚)

画像ギャラリー

Writer: 小野木里奈

女優。両親の影響で幼い頃にはバイクに憧れを持ち、23歳で大型バイクの免許を取得。いつか自分もお気に入りのバイクを見つけて、友達とツーリングに行くのが夢。初心者の立場で感じたことを素直に発信する。

最新記事