ミストラル・ストレートで時速328㎞を記録!? レーシングライダー石塚健のボルドール24時間レースレポート

レーシングライダー石塚健選手が、自身が参戦したEWC最終戦ボルドール24hをレポートしてくれました。

1.8㎞あるミストラル・ストレートにビックリ

 皆さんこんにちは!レーシングライダーの石塚健です。

 9月15日から9月18日にフランス、ポール・リカールサーキットでおこなわれた、FIM EWC世界耐久選手権第4戦 ボルドール24時間耐久ロードレースに参戦してきたので、そちらの参戦レポートをしたいと思います。少し長くなりそうなので、今回は前編です!

ボルドール24時間レースでポール・リカールサーキットを走る石塚健選手
ボルドール24時間レースでポール・リカールサーキットを走る石塚健選手

 長いレースウィークのスタートとなった月曜日は、サーキットに到着次第、搬入作業をおこない、コースウォーク、そしてホスピタリティで食事を取って、翌日の走行に備えました。

 ちなみにレースウィーク中の食事でお世話になったのは、BMWのワークスチーム BMW Motorrad World Endurance Team と共用のホスピタリティを使用させていただき、快適なウィークを過ごすことができました。

ポール・リカールサーキット名物のミストラル・ストレート
ポール・リカールサーキット名物のミストラル・ストレート

 今回ポール・リカールサーキットを走るのは初めてでしたが、柔軟に対応することができ、早い段階でコースを攻略する事が出来ました。名物のミストラル・ストレートでは時速328㎞を記録。これは今までに体感したことのない速度域で、特に夜間走行は視界が狭いので、中々のスリル感となります。

 水曜日はマシンの車検や装備車検、ブリーフィングの1日。走行はなく、予選に向けての準備日となりました。

 木曜日は午前中にフリー走行がおこなわれ、午後からは予選1回目となるQ1がスタート。予選方式は鈴鹿8耐と同じく、各チームのライダーが公式予選で記録したベストラップタイムのうち、上位2名の平均タイムを算出して決定される方式です。2回目の予選が翌日である為、最終的にはそれが終わるまでは順位が決まりません。

 そんなQ1では赤旗中断がありましたが、自己ベストタイムを更新し、ここまでのチームベストとなる1分56秒691で総合21位。

 翌日の予選2回目となるQ2ではタイヤの本数制限があり、予選向けのタイヤでアタックすることができませんでしたが、レースで使用するタイヤで周回を重ね、結果的には1分56秒915をマークし、Q1とQ2での平均タイム1分56秒976で予選順位は総合28番手。28番グリッドから、決勝をスタートすることとなりました。

ボルドール24時間のピットウォークは大盛況
ボルドール24時間のピットウォークは大盛況

 予選後におこなわれたピットウォークは物凄い人だかりで、サインを書いて配る予定で準備していたステッカーも、開始数分でなくなる盛況ぶり。サインを書く余裕がなかった程でした。

 そして土曜日の15時、いよいよ24時間耐久レースがスタートします。ということで、前編はここまで!

 後編は、決勝レースの模様をお伝えしていきますので、楽しみにしていてください。

【画像】EWC最終戦 ボルドール24時間レースでポール・リカールサーキットを走る石塚健選手を画像で見る

画像ギャラリー

Writer: 石塚健

(レーシングライダー)埼玉県出身の26歳。3歳からポケットバイクに乗り始め、ロードレースというオートバイ競技に参戦。現在はその世界選手権である「MotoGP」を目指して日々、活動中。
2019年から、ヨーロッパでおこなわれる「FIM CEV REPSOL Moto2ヨーロピアンチャンピオンシップ」への挑戦を開始。2022年は、「全日本ロードレース選手権」のST1000クラスをメインに、「世界耐久選手権」、「FIM CEVREPSOL Moto2ヨーロピアンチャンピオンシップ」にも参戦します。スポンサー募集中!応援よろしくお願いします。

最新記事