軽快に走行できる原付二種スポーツモデル、スズキ『GSX-S125 ABS』に試乗します!〜小野木里奈の○○○○○日和〜

『小野木里奈の○○○○○日和』は、スズキの原付二種スポーツモデル『GSX-S125 ABS』に試乗します。軽量でスリムな車体は、街中や峠道でも楽しく走行可能です。

原付二種とは思えない車体の大きさにビックリ!

 皆さん、こんにちは! バイク好き女優の小野木里奈です。今日は、スズキの原付二種スポーツモデル『GSX-S125 ABS』の試乗記でございます!こんなに体格が大きい車体なのに、なんと原付二種なのです。

『GSX-S125 ABS』で先日、軽井沢の峠道を走ってみました。それでは、いってみましょう!

スズキの原付二種スポーツバイク『GSX-S125 ABS』に試乗
スズキの原付二種スポーツバイク『GSX-S125 ABS』に試乗

 これまで試乗してきた125ccクラスのマニュアル車は、外見が小さめの排気量に見合った大きさの車体でした。ですが、こちらの『GSX-S125 ABS』は、全長2000mmで全幅745mmというわりと大きめのサイズなのです。初めて見たときは、「本当に原付二種?」と勘違いしてしまいました。

 私が試乗したカラーは、『トリトンブルーメタリック』。スズキのイメージカラーのブルーとブラックの組み合わせ。メインカラーはシンプルな2色でこの鮮やかなブルーが印象的。このカラーネームにある「トリトン」とは、ギリシア神話の海の神様も同じ名前なのです。だから、海を連想させるような綺麗な青色にちなんでいるのかなと個人的に思います。

ホイール周りも黒で統一されている『GSX-S125 ABS』
ホイール周りも黒で統一されている『GSX-S125 ABS』

『GSX-S125』のホイール周りも黒で統一されていて、無駄に色がたくさん使われていないところも私は好み。正面からフロントを見てみると、バイクの表情を連想させるライトの形やハンドル周りも格好いいのです。ライトの形がシュッと尖っているので、まさに切長な目をしているイケメンさんのようですよね。

メーターも見やすいフル液晶ディスプレイ
メーターも見やすいフル液晶ディスプレイ

 メーターも見やすいフル液晶ディスプレイ。車体のサイズは原付二種の中でも大きいなと思いつつも幅はスリムにも見えたので、メーター周りもこじんまりしているのかなと予想していたのですが意外と大きくてとても見やすかったです。

シート高は785mmで。私(=身長160cm)が跨るとこんな感じです
シート高は785mmで。私(=身長160cm)が跨るとこんな感じです

 それでは、恒例の足つきチェックでございます。私(=身長160cm)が跨るとこんな感じ。シート高が785mmで小柄なライダーにも優しさを感じる足つきでした。足回りもスッキリしているので車体を支えやすかったです。

 車両重量が135kgなので取り回しもしやすく、私でもすいすいとバイクを移動することができます。日常的に乗ることも想像したら運転以外にもバイクを押し歩きして移動する場面も少なからず発生します。だからこそ、車両重量が取り回しのしやすい重さなのは初心者ライダーにとってもありがたいですよね。

予想を裏切る迫力のエンジン音

 ではいよいよ、エンジンスタート!「こんなに元気な音がするの?」と驚くようなエンジン音を奏でてくれました。原付二種クラスは、排気量が小さめだし物理的にも全てが小さく感じるのかなと想像していたのですが、この時点でもう既に予想を裏切ってくれます。

リラックスできるライディングポジションは、スポーティな走行にも貢献しています
リラックスできるライディングポジションは、スポーティな走行にも貢献しています

 走行して感じたことは運転姿勢がとても楽なことです。ネイキッドモデルの『GSX-S125』は、上体も少し起き上ったライディングポジションでスポーティーに走行可能です。あとは足回りもスッキリしているので個人的に足の開き具合もちょうど良くてバランスが取りやすく、無駄に力まずにリラックスして運転することができます。

 この日の試乗は、軽井沢の峠道を走行しました。平坦な道での加速は、原付二種クラスなのに物足りなさを感じないことに驚いたのですが、坂道では125ccクラスならではの特徴を感じたのです。それは、排気量が大きいバイクに比べてパワーも小さい分、シフトを上げるタイミングもそれに合わせなければうまく加速することができないということです。

急勾配では、シフトタイミングを合わせうまく加速させれば物足りなさは感じません
急勾配では、シフトタイミングを合わせうまく加速させれば物足りなさは感じません

 125ccクラスは、シフト操作のタイミングも大型バイクと同じようにしてはいけません。今まではある程度パワーがあるバイクでしか峠道を走ったことがなかったので、シフト操作でなく、アクセルやクラッチ、ブレーキの調節を重視していました。やはり、バイクはそんな単純なものではありません。

 ギアの数がいくつもあるように、そのスピードに対応できるギアにきちんと合わせる必要があります。それは、どのバイクも同じタイミングというわけではありません。大きい排気量のバイクでは感じることのできなかったバイクの性能を実感できます。初心者ライダーとして、また一つ勉強になりました!

峠道でも走りを楽しめる

 少しずつ『GSX-S125 ABS』のシフト操作のタイミングにも慣れてくると、峠道でも滑らかな走りを楽しむことができます。

リラックスできる運転姿勢は、峠道でも体が固まらずに落ち着いて走行できる
リラックスできる運転姿勢は、峠道でも体が固まらずに落ち着いて走行できる

 コーナリングもリラックスできる運転姿勢だからこそ、体が固まらずに落ち着いて走行することができます。私はまだ峠道の経験が少ないので、対向車とすれ違うたびにちょっと緊張してしまうことが時々あります。ライダーにとって窮屈さを感じさせないライディングポジションはとても重要なのです。

街中でも軽快な走行を楽しめる『GSX-S125 ABS』
街中でも軽快な走行を楽しめる『GSX-S125 ABS』

 街中を走行しているときも、停車中は車体がスリムなので足を開きすぎずに支えられることと、車両重量も比較的軽いことも長距離のツーリングでもストレスが少ないのかなと感じます。軽井沢の街中を走行していても、都内のように人通りが多いと信号もありますし、停車して足を着くことが多いです。そんな時、車体を支えやすいのは、ライダーにとっても嬉しいですよね。峠道でも街中でも走りを楽しむことができるのは大きな強みだと思います。

原付二種クラスとは思えないほどの軽快な走りを体験させてくれる『GSX-S125 ABS』
原付二種クラスとは思えないほどの軽快な走りを体験させてくれる『GSX-S125 ABS』

 いかがでしたか?『GSX-S125 ABS』は、原付二種クラスとは思えないほどの軽快な走りを体験させてくれました。もちろん、排気量は小さめなので、大きい排気量と同じような運転をしてしまうと、『GSX-S125 ABS』の性能を十分に発揮できないと思います。

 実際に走行して『GSX-S125 ABS』ならではの特徴をきちんと理解した上で運転をすると、峠道でもスポーティーな走りを楽しませてくれるバイクです。原付二種クラスも侮れませんね!それでは、また次の月曜日にお会いしましょう!

小野木 里奈 Rina Onogi

【画像】スズキの原付二種モデル『GSX-S125 ABS』の画像を見る(17枚)

画像ギャラリー

Writer: 小野木里奈

女優。両親の影響で幼い頃にはバイクに憧れを持ち、23歳で大型バイクの免許を取得。いつか自分もお気に入りのバイクを見つけて、友達とツーリングに行くのが夢。初心者の立場で感じたことを素直に発信する。

最新記事