ドゥカティ「ディアベルV4」 4本出しサイレンサーを採用した新型モデルを本国イタリアで公開【EICMA2022事前情報】

ドゥカティは、2022年11月8日から13日にかけてイタリア・ミラノで開催されるバイクの見本市「EICMA(エイクマ)」に新型モデル「ディアベルV4」を出展することを発表しました。

進化した個性派クルーザー

 ドゥカティは、2022年11月8日から13日にかけてイタリア・ミラノで開催されるバイクの見本市「EICMA(エイクマ)」に新型モデル「ディアベルV4」を出展することを発表しました。

ドゥカティ「ディアベルV4」
ドゥカティ「ディアベルV4」

「ディアベル1260 S」の後継機種となるディアベルV4は、ムルティストラーダから派生した排気量1158ccのV4グラントゥーリズモエンジンを搭載する大型スポーツクルーザーモデルです。

 低負荷で走行中にエンジンのリアバンクの作動を休止することにより、燃料消費量を削減し、ライダーとパッセンジャーの熱的快適性を向上するエクステンデッド・ディアクティベーション・システムを採用するディアベルV4では、「音質」に細心の注意を払って開発された専用のエグゾースト・システムを搭載。

ドゥカティ「ディアベルV4」
ドゥカティ「ディアベルV4」

 モノコックフレームと片持ち式スイングアームを採用したシャシーにより、ディアベル1260 S比で13kgの軽量化を達成しています。

 その他、ディアベルV4ではABSコーナリングEVO、ドゥカティ・トラクション・コントロール・EVO2(DTC)、ドゥカティ・ウィリー・コントロール(DWC)、ドゥカティ・パワー・ローンチ(DPL)、クイックシフト・アップ/ダウン(DQS)EVO 2、クルーズコントロールなどの電子制御を採用。

 ボディカラーはドゥカティ・レッドとスリリング・ブラックの2色が用意されています。

【画像】ドゥカティ「ディアベルV4」を画像で見る(9枚)

画像ギャラリー

最新記事