ホンダ「CBR600RR」はスーパースポーツトップレベルの乗りやすさ!? レーシングライダー石塚健の市販車インプレッション

レーシングライダーの石塚健選手が、ホンダ「CBR600RR」に試乗。そのインプレッションです。

ホンダのイメージそのままのバイク

 皆さんこんにちは!レーシングライダーの石塚健です。

 2020年9月25日に発売された、ホンダ「CBR600RR」。ワールドスーパースポーツやアジアロードレース選手権SS600クラス、そして全日本ロードレース選手権ST600クラスなど、各国のサーキットで活躍するCBR600RRですが、その最新版を公道で試乗してきたので、僕目線でインプレッションしていきたいと思います。

ホンダ「CBR600RR」とレーシングライダーの石塚健選手
ホンダ「CBR600RR」とレーシングライダーの石塚健選手

 新型CBR600RRに乗るのは、今回で2回目。今年の初めの方に、モビリティリゾートもてぎでの走行会で試乗する機会があり、サーキット走行が初乗りでした。今回は公道という事で、どんな違いがあるのか楽しみです。

 そんなCBR600RRの開発コンセプトは至ってシンプルで、目的はアジアロードレース選手権で勝つ為。2016年以来不在となっていたミドルクラスのスーパースポーツを、ホンダが本気で開発したという、サーキット最速を目標とする1台です。

ウイングレットが装備されたことでより戦闘的でかっこいいスタイルに!
ウイングレットが装備されたことでより戦闘的でかっこいいスタイルに!

 エンジンとフレームの基本設計は2007年から変わっておらず、どこに手が加えられたのかと言うと、ピストンやクランク、カムシャフトや電子制御等、見た目では分からない性能に関する部分が大半。従来モデルと明らかに見た目で違うのは、シャープでスッキリとしたカウル(外装)と、そこに一体となって設けられたウイングレットです。

 ウイングが付いているだけで雰囲気がガラッと変わり、より戦闘的でかっこいいスタイルとなっています。

ホンダ「CBR600RR」の足つき(身長165㎝)
ホンダ「CBR600RR」の足つき(身長165㎝)

 それではまず、足つきから見ていきましょう。

 シート高820mmの車体に対し、身長165㎝の僕が跨ると両足のかかとが若干地面から浮いてしまいますが、片足をステップに乗せれば安定感が得られ、問題なく支えることができました。車体がコンパクトなので、走りも取り回しも楽々です。

 走ってみてのファーストインプレッションは、様々な面でとてもホンダらしいバイクだなという感じ。ホンダのバイクは、乗りやすい=速く走らせる事ができるというイメージが個人的に強いのですが、まさしくそんな印象です。

 ライディングポジションは、ガチガチのレース仕様というほどは傾いてはおらず、思ったほど前傾になることはありません。ハンドルとの距離もスーパースポーツモデルの中では比較的近く、楽な姿勢で乗ることができました。

ホンダ「CBR600RR」の走りを楽しむレーシングライダーの石塚健選手
ホンダ「CBR600RR」の走りを楽しむレーシングライダーの石塚健選手

 これまでも、様々なスーパースポーツバイクに試乗させてもらいましたが、その中でもトップレベルに扱いやすいバイクだと思います。エンジンがバイクの重心に近い位置にあり、フューエルタンクもわりと下の方にマウントされているなど、マスの集中化を実現。それによって、ライダーの走行感覚とマシンの動きに一体感を生まれ、カーブなどがとても軽く感じます。

 ヒラヒラと動き、レスポンス良く動いてくれる1台。そのフィーリングは、サーキットでも公道でも大きな差はありません。

CBR600RRの特徴であるセンターアップのマフラー
CBR600RRの特徴であるセンターアップのマフラー

 それから、CBR600RRの特徴であるセンターアップのマフラーは、高回転で共鳴する咆哮のようなサウンドで、ノーマルでもかなりいい音がする点も気に入ったポイント。

 レースで勝つために作られたとは思えないほど、公道でもかなり乗りやすいバイクに仕上げられていました。

 CBR600RRの価格(消費税込)は160万6000円。ライディングにそこまで自信がない人や、初心者だけどスーパースポーツに乗ってみたいという人には是非オススメしたい1台です。

石塚 健 / Takeshi Ishizuka

【画像】ホンダ「CBR600RR」の走りを楽しむ石塚健選手を画像で見る(12枚)

画像ギャラリー

Writer: 石塚健

(レーシングライダー)埼玉県出身の26歳。3歳からポケットバイクに乗り始め、ロードレースというオートバイ競技に参戦。現在はその世界選手権である「MotoGP」を目指して日々、活動中。
2019年から、ヨーロッパでおこなわれる「FIM CEV REPSOL Moto2ヨーロピアンチャンピオンシップ」への挑戦を開始。2022年は、「全日本ロードレース選手権」のST1000クラスをメインに、「世界耐久選手権」、「FIM CEVREPSOL Moto2ヨーロピアンチャンピオンシップ」にも参戦します。スポンサー募集中!応援よろしくお願いします。

最新記事