遂にその時が来た!憧れていたMUTT Motorcycles『MUSHMAN 250』に試乗するよ〜高梨はづきのきおくきろく。〜

毎月8の付く日は『高梨はづきのきおくきろく。』。ずっと乗りたかったMUTT Motorcycles「MUSHMAN 250」に試乗します。実車を細かく見ていくと、あらゆる場所に作り手のこだわりを感じることができる珠玉の一台だった!

発売されてから気になっていた「MUSHMAN 250」と初対面

 皆さんこんにちは、高梨はづきです。
 今回のコラムでは、MUTT Motorcycles(マットモーターサイクルズ) の『MUSHMAN 250』についてお届けしていくよ!

 2023年4月に発売されてから、編集長にずーっと言い続けてきたことがある。それが「マッシュマンに試乗したいです!」という願い。今回やっと叶ったよ! 嬉しいなぁ! 編集長ありがとうございます!

心待ちにしていたMUTT Motorcycles「MUSHMAN 250」に試乗
心待ちにしていたMUTT Motorcycles「MUSHMAN 250」に試乗

 なんで乗りたかったかといえば、シンプルに見た目がカッコよかったからなんだよね。このスタイルが私好み過ぎて、実物を見たいってずーっと思っていたの。乗れると知ってからはもう大興奮で…!撮影前日は楽しみ過ぎて、あまり眠れなかったくらい!

 マットモーターサイクルズは、2016年イギリス・バーミンガムで生まれたカスタムバイクメーカーで、日本にやってきたのは2019年。まだ最近のことだね。日本ではPCI株式会社が日本正規輸入総代理店をしているよ。

 一方、本家イギリスでは、マットモーターサイクルズのカスタムビルダーが作り出すバイクが、発表するや瞬く間に売り切れてしまうくらいの人気で、日本でもそのオシャレな見た目から、気になるバイクとして注目を少しずつ集めているようだね(わたしもそのうちの1人)。その他、カスタムバイクを手掛けること以外にも、オリジナルアパレルやアクセサリーもラインナップするファッションブランドでもあるんだ。

 マッシュマン250は、完全オリジナルというよりも、既存のバイクをさらにパワーアップさせたモデルみたいなんだけど、基本的にマットモーターサイクルズのバイクって、ベース車両をカスタマイズしてオリジナルの商品に仕上げるメーカーなんだって。

マッシュマン250のエンジンは、スズキのST250/ST250Etypeがベース
マッシュマン250のエンジンは、スズキのST250/ST250Etypeがベース

 その中でも、250ccクラスはスズキのST250/ST250Etypeのエンジンをベースとしていて、外装パーツで独特のキャラクターを持たせているよ。外観は、同メーカーのモングレル250というバイクをベースに造られているんだけど、中身は一貫していて、外観のコンセプトで違いを持たせているといった感じ。

 マッシュマン250のコンセプトは、名俳優だったアメリカの大スターであるスティーブ・マックィーンって方がいて、バイク愛がすごく強く、映画のスタントは自らやってのけるくらい乗りこなしつつ、俳優業だけでなくモーターレースに参加する選手としても人気を獲得するほどバイクをこよなく愛する人だったんだって。

数々のレースに参戦した名俳優スティーブ・マックィーン(右)
数々のレースに参戦した名俳優スティーブ・マックィーン(右)

 マックィーンさんは、バイクに乗らずとも俳優としてかなり人気だったから、「バイクで怪我されたら仕事ができなくなるぞ」と周りがうるさく言ってきて困っていたところ、それでも乗りたい意欲が勝り、内緒で偽名を使い「ハーベイ・マッシュマン」として、レースに参加していたりしたんだとか。

 マッシュマン250はそんなテレンス・スティーブ・マックィーンが乗りこなしていたバイクをモチーフにして造られ、生まれたんだって。(わたし調べ)

実際に対面した感想は、やっぱり可愛い!!

 クラシカルで、ストリートモダンな佇まいがたまらない。画像で見たままのカスタム風の車両がオシャレすぎる!そしてワイルドさも感じ取れて画像で見た時よりも存在感があって、実物はもっとかっこよかった…。

タンクには、レザーとスチールを用いたタンクラックがオシャレ
タンクには、レザーとスチールを用いたタンクラックがオシャレ

 タンクのカラーリングに、チタニウムグレーをベースに、レザーとスチールを用いたタンクラックがオシャレすぎる。1番最初に目が行くポイントがこんなオシャレで、それが標準装備って…反則だよね。

 グリップも…こういうのはキルティング加工っていうのかなぁ? 抜け目なくデザインされていて、エンジンガードも標準装備だし、タイヤはオフロード使用でステップもギザギザしていてどこでも走れてしまう最強の仕上がり。購入したら何もいじらなくていいくらい…。全てのパーツを細かく見ても色んなところにこだわりを感じるんだよね。

シート高810mmでわたしの身長158cmで両つま先がしっかり着くくらい
シート高810mmでわたしの身長158cmで両つま先がしっかり着くくらい

 気持ちウキウキのまま、またがってみると、見た目よりシート高が高いことに驚いたけど、シート高810mmでわたしの身長(158cm)で両つま先がしっかり着くくらい。特に不安さはなかったな。

 乾燥重量は130kgで、同じ250ccのラインナップの中でも比較的軽い車重になっているのね。わたしの愛車カワサキ・エストレヤと比べても車重が軽い。わたし基準でいっても、かなり所有感も満たされるし、女性でも安心して取り回せそうな印象を受けたよ。

では、そのまま出発して行こう!

 マッシュマン250は、クラッチを握りながらセルボタンを押すと、エンジンが掛かるような仕組みになっているよ。マフラーからは中低音のドドドッという良い音で何気に迫力がある。

マッシュマン250のマフラーは左出し
マッシュマン250のマフラーは左出し

 もう気付いている人がいるかもしれないけど、マッシュマン250はマフラーが左出しなんだ。珍しいよね。そして、その鼓動は、バイク全体に感じるくらいパワフル。乗る前から「今からバイクに乗ります」感が味わえて良い。

【画像】MUTT Motorcycles「MUSHMAN 250」の画像を見る(20枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事