A4サイズの電動スクーター「Arma」 クラファンサイト「Kickstarter」で先行予約販売開始

SMZ株式会社は、超小型電動スクーター「Arma」の先行予約販売をクラウドファンディングサイト「Kickstarter」で開始しました。

A4サイズで移動をシームレスに

 SMZ株式会社は、超小型電動スクーター「Arma」の先行予約販売をクラウドファンディングサイト「Kickstarter」で開始しました。

A4サイズに折り畳める電動スクーター「Arma」
A4サイズに折り畳める電動スクーター「Arma」

 次世代電動モビリティメーカーでの世界No.1を目指すSMZが製造するArmaは、日常の移動を劇的に変えることを目的に設計された電動スクーターで、小型・軽量でA4サイズに折り畳めるモデルです。

 約4.5kgの車輌重量で、最大100kgまでの耐荷重性を備えたArmaでは、2時間でフル充電可能な交換式バッテリーを搭載し、1回の充電で約11km走行可能。最高速度は24km/hに設定されています。

 アメリカを中心としたグローバルな販売を想定しているものの、特定小型原付としての日本の法規制への対応も進めているArmaの価格は900ドルからで、2024年8〜10月にかけて出荷予定です。

 なお、先行予約販売に際し、SMZ株式会社の清水正輝 代表取締役は次のようにコメントしています。

電動スクーター「Arma」を開発したSMZ株式会社の清水正輝 代表取締役
電動スクーター「Arma」を開発したSMZ株式会社の清水正輝 代表取締役

「Armaの開発においては、多くの物理的な挑戦とコストの壁に直面しています。しかし、その全てを乗り越え、究極の携帯性を約束するリーズナブルかつ優れた製品をお届けすることに自信を持っています。私たちはただの移動手段を提供するだけではなく、毎日の移動をエキサイティングな旅に変える新しい体験を創造することを目指しています。

 皆様のご支援がこのユニークな電動スクーターを現実のものとするための鍵となります。日本の特定小型原付に対応したArma(日本モデル)の開発にも全力を注いでおります。日本を盛り上げるためにも、Arma(日本モデル)販売はぜひとも実現したいと奮闘しておりますので、日本のユーザー様からのご支援もお待ちしております」。

【画像】A4サイズに折り畳める電動スクーター「Arma」を画像で見る(12枚)

画像ギャラリー

最新記事