CX-60やCX-90に搭載! マツダの新開発8速オートマチックトランスミッションが「機械振興協会会長賞」を受賞

マツダのラージ商品に搭載する新開発の8速オートマチックトランスミッションが2023年12月27日、第58回機械振興賞の「機械振興協会会長賞」を受賞しました。

機械工業技術の進歩・発展に著しく寄与したと認められる業績に対して授与されるもの

 マツダは2023年12月27日、同社のラージ商品に搭載する新開発の8速オートマチックトランスミッション(AT)が、第58回機械振興賞の「機械振興協会会長賞」を受賞したと発表しました。

 今回受賞が発表された機械振興賞は、機械工業にかかわる優秀な研究開発およびその成果の実用化によって、機械工業技術の進歩・発展に著しく寄与したと認められる業績に対して授与されるものです。

第58回機械振興賞の「機械振興協会会長賞」を受賞したマツダの新開発8速オートマチックトランスミッション
第58回機械振興賞の「機械振興協会会長賞」を受賞したマツダの新開発8速オートマチックトランスミッション

 そしてこの新開発8速ATは、「走る歓び」と優れた「環境・安全性能」を大幅に進化させたラージ商品群に採用されている技術であり、現在「CX-60」および「CX-90」に搭載され、商品化されています。

 トルクコンバーターの無いクラッチ発進機構を採用することにより、エンジン応答の良さをマニュアルトランスミッションのようにダイレクトに伝え、かつ遅れを感じさせない変速応答や変速間隔の造りこみにより、人の感覚に一致した、リズム感のある軽快な走りを目指して開発されました。

 そんな8速ATに採用された技術のうち、今回の受賞対象となったのが「長尺アルミクラッチドラムの塑性(そせい)加工化技術」です。

 動力の伝達や遮断を担うクラッチドラムを、従来の鉄やアルミ鋳造品より軽量なアルミ塑性加工品とするとともに、これを既存の塑性加工(生産)ラインを活用して製造する技術を開発。コスト上昇を抑えながらユニットを軽量化することにより、CO2排出量の低減とともに、自然なドライビングポジションの実現に寄与していることが評価されました。

※ ※ ※

●受賞対象:「長尺アルミクラッチドラムの塑性加工化技術の開発」

●開発担当者:椎野和幸、野畑俊也、河野弘和、新家泰平、長野隼門

【画像】第58回機械振興賞の「機械振興協会会長賞」を受賞したマツダの新開発8速オートマチックトランスミッションを画像で見る(5枚)

画像ギャラリー

最新記事