スズキGSX250Rなら最近囁かれる“バイク=250ccで充分”説に異論ナシ! 等身大の性能がそこにある

「GSX250R」と筆者(青木タカオ)
新設計の10スポークホイールにブレーキには波型のペタルディスクを採用
セパレートに取り付けられたハンドルは、快適なライディングポジションを実現
フルLCDを採用した軽量インストルメンタルパネル
フロントポジションランプにはLEDを採用し、迫力ある外観を演出
GSX250R
「GSX250R」に試乗する筆者(青木タカオ)
ミドルレンジの扱いやすさを重視した「GSX250R」
前傾も窮屈ではなく取り回しにも優れ、扱いやすい車体設計は評価できるポイント
ライバル車と比べても手に入れやすい価格設定の「GSX250R」

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事