日本人観光客にもウケがいい!? カフェと「カブ」のコラボショップ「Cub HOUSE(カブ・ハウス)」が気になる!

A.P. Hondaの社員であり、カブ・ハウス店長のRASSANA CHANSAKUL(ラッサナ・チャンサクル)さん
カフェスペースでは専門スタッフがお出迎え
ビールサーバーのような特殊な機械で抽出される「Nitro Cold Blew Coffee(ナイトロ・コールド・ブリュー・コーヒー)」はビールのようなきめ細やかな泡が特徴
カウンターの椅子はモンキーのシート!
通りに面したショーウインドウにはカブやモンキーが飾られる
店長が「日本からのお客様はほぼ購入していく」という『VEHICLE TAX PIPE』(H2C製の書類入れ、価格1060バーツ)
タイの市街地を走るバイクによく見かける筒状のパーツの中には、税金や保険などの必要書類が入れられ、ナンバープレートの脇などに装着される
『BK REAR PACK』(BIKERS製のリアキャリア、価格5800バーツ)も日本人のお客さんに人気のアイテム
日本でもおなじみのモリワキやキタコの商品も
クシタニとのコラボアイテムも多数並ぶ
愛煙家をセンス良く誘導してくれる喫煙所のビジュアルなどもグレイハウンドが手掛けたもの
置かれているオシャレな灰皿は日本企業の製品でした
「いかにもバイク屋」とは違う雰囲気のカブ・ハウスは、タイのアパレル&カフェレストランを手掛けるブランド「GREYHOUND(グレイハウンド)」とのコラボレーションによるもの
店内に入るとグレイハウンド・コーヒーが出迎えてくれる
ビールサーバーのような機械で抽出される、まろやかな泡の口当たりが特徴の水出しアイスコーヒー(Nitro Cold Brew)
Hot Latte(ホット・ラテ)にはモンキーのラテ・アート
カフェの奥にはモンキーやカブのアクセサリーが多数陳列、販売されている
天井が高く、広々とした店内にはたくさんのバイクやアクセサリーが並べられる

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事