ホンダのMotoGPマシンRC211Vの先進技術を採用した7代目「CBR1000RR(SC57)」

RC211Vで採用したユニット・プロリンク・サスペンション
RC211Vと同様のセンターアップ・エキゾーストシステムを採用
電子制御方式の油圧式ロータリーダンパー=HESD(ホンダ・エレクトロニック・ステアリング・ダンパー)を市販車として世界初採用
軽量コンパクトなインストルメントパネルは、中央に大径のアナログ式タコメーターを設置
フロント17インチホイールに油圧式ダブルディスク装備
7代目CBR1000RR(SC57)
7代目CBR1000RR(SC57)
ユニット・プロリンク・サスペンションを採用し、メインフレームの軽量化と自由度に貢献
2005年にはロードレース競技専用車「CBR1000RRレースベース車」が発売されます
MotoGP RC211V(2003年型)V・ロッシ車
MotoGP RC211V(2003年型)を駆るV・ロッシ選手
イギリススーパーバイク選手権(BSB)に出場したCBR1000RRW(2004年型)
初代CBR900RR Fireblade
7代目CBR1000RR(SC57)
水冷4ストロークDOHC4バルブ直列4気筒総排気量998ccエンジン搭載
スタイリングのコンセプトは、タイト・アグレッシブ・クリアカット

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事