タイ発ホンダ「レブル500」カスタム カスタムバイクもボーダレスの時代に突入か

車体に取り付けられたカバー類が、より印象に残るサイドビュー。現在、市販のレブル250は日本で品薄状態らしいですが、こうしたパーツの流通で更に人気が高まるかもしれません
エンジンはボア・ストロークで67 x 66.8mmのパラレルツイン471cc。トルクフルな特性は“アメリカン”らしさを感じさせるテイストです
マフラーはK-SPEEDオリジナルの“ディアブロ”を装着。日本販売網のGT-AXELによるとこのパーツは騒音規制的に日本仕様では変更される可能性アリとのことです
ハンドルバーやライザー、グリップもK-SPEEDが展開するオリジナルブランドである“ディアブロ”を装着。タンクもトップカバーでイメージを一新します
テールカウルはリアフレームを切断した上で装着したもの。K-SPEEDのラインナップには純正フレーム・アンカット(無切断)のテールカウルも用意されているとのことです
フロントフォークに装着されたカバー。個性的なスタイルを生み出します
純正タンクを活かしつつ、センターカバーを膠着することでイメージを一新。アイディアの光る箇所です
ホンダ「レブル500」
フロント周りや側部に取り付けたカバー類でノーマルからガラリとイメージを一新したK-SPEEDによるレブル・カスタム。素材の性能を損なわない部分も大きな魅力です
大がかりなカスタム・ポイントはリア周りのサブフレームのカットのみというこのマシン。比較的手軽にスタイルチェンジを可能としているのも評価すべきポイントでしょう

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事