ホンダ「フォルツァ」に乗って再発見!? あらためて感じる250ccスクーターの余裕と快適性

V字に切れ上がったヘッドライトがフロントフェイスをシャープな印象に。灯火類はテールランプやウインカーも含めすべてLEDとなっています
フロントインナーボックス内にはシガーソケットタイプの12V2Aアクセサリーソケットを装備。内部は広く大きめのスマホも入れられます。ハンドルロックをすると施錠される親切設計
14cm幅で無段階に高さ調節可能な電動スクリーン(最も低い状態)。スイッチひとつで走りながらでも簡単に高さを変えられるのはかなり便利
14cm幅で無段階に高さ調節可能な電動スクリーン(最も高くした状態)。スイッチひとつで走りながらでも簡単に高さを変えられるのはかなり便利
高速道路では100km/h巡航は余裕で追い越し加速もパンチがあります。ここは150ccクラスと違うところですね。スクリーンを高い位置にすると防風効果はかなり高くなります
メーターの液晶部分の表示切り替えのほか、電動スクリーンの上下やトラクションコントロールのオンオフまで、左グリップのスイッチでほとんどの操作が可能となっています
まるで4輪車か、と思うくらいゴージャスな雰囲気のメーター。中央の液晶部分には時計のほか平均燃費や瞬間燃費、航続可能距離、バッテリー電圧など多くの情報を表示できます
フロントタイヤサイズは大きめの15インチ。安定した操縦性をもたらしてくれます。大径ディスクブレーキとABSの装備は安心感にもつながります
リアもディスクブレーキを採用しコントロール性が高いもの。リアタイヤサイズは14インチ、サスペンションはツインタイプで運動性と乗り心地の良さを両立させています
エッジの効いたデザインですが、自然の中でも意外と似合いますね
カワサキの250ccスクーター「EPSILON(エプシロン)250」(2002年型)
ホンダ「フォルツァ」の洗練されたデザインは街の中によく溶け込みます
スマートキーなので鍵穴はありません。キーを持って近づくとダイヤルでメインスイッチをONにしたり、ハンドルロックを解除することができます。右側のプッシュボタンはシート下ラゲッジと給油口の開錠スイッチ
ヘルメットを2つ入れてもまだ余裕のあるシート下ラゲッジスペース。仕切り板が付属しており、使い方に合わせてスペースを区切ることができます
ヨーロピアンスタイルのポジションとトルクフルなエンジンのおかげで、スポーティな走りも得意です

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事