【バイクのミライ! Vol.2】百花繚乱の電動バイク、その課題と注意するポイント

エンジンの代わりに部品点数が少ないモーターを使用しているが、課題はメンテナンスできる工場が通常のバイクに比べると少ないこと
電動バイクのヤマハ・E-Vinoのバッテリーは、1回の充電で約14円、最大航続距離が29km走行可能
電動スクーター「ヤマハ・E-Vino」
FANTICの電動アシスト自転車
自転車と違い電動バイクには、本部品、ヘルメット、ナンバーの取得が必要です

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事