想像以上の高揚感!? “新ジャンル”を予感させる電動モトクロッサーSUR-RON『Light Bee X』本邦初試乗

山間の静けさのなか、純粋にライディングを楽しめる。電動バイクの新しい魅力
SUR-RON「Light Bee X」(競技用仕様車)
SUR-RON「Light Bee X」(競技用仕様車)
ハンドルはオフロードバイクにも多く採用されているテーパー状
ハンドル左側にはモード切り替えスイッチ
倒立フォークはリバウンドダンピングとスプリングプリロード調整が可能
倒立フォークはリバウンドダンピングとスプリングプリロード調整が可能
曲線設計によるメインフレーム、スイングアームは飛行機に使われるアルミニウム合金を6000tの圧力で鍛造形成。フルオートロボットによる溶接作業で生産の一貫性を確保
SUR-RON製電動モトクロッサー「Light Bee X」に試乗する筆者(REN)
操作は右グリップのスロットルと左右のブレーキレバーのみ
SUR-RON「Light Bee X」の乗り味はMTBの感覚に近い
車重58kgの「Light Bee X」は悪路での走破性も想像以上

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事