ホンダ「CT125・ハンターカブ」最新カスタム アメリカ生まれの「ムーンアイズ」と「ハンターカブ」の強力タッグ

ムーンアイズのパーツをフル装備した車両のサイドビュー。無骨なハンターカブの雰囲気と遊び心が、より強調された佇まいになっています。
『ZOOM into NATURE with HONDA CT125』と名付けられたムーンアイズのプロジェクトを担当するスタッフの矢野さん(右)と角谷さん(左)。バイク好きならではの視点で様々な「遊び」を提唱します。現車をご覧になりたい方、およびパーツについてのお問合せはお二人が担当しておりますので、ムーンアイズまでお問合せください
純正のヘッドライトマウントを流用するゆえ、ハードな加工もせずにデュアルライト化&ラックの装着が可能な「デュアル ヘッドライト フロント ラックキット」。利便性の向上はもちろん、ルックスのイメージもガラリと変わります。価格40,000円(税別)
オフ車っぽいスタイルイメージを強調すると共に転倒時のフロントブレーキレバーの折れ防止にも貢献する「ハンドガード プロテクター」。こちらも17,000円(税別)と価格なリーズナブルです
純正のエンジンガードのパイプに付属のクランプで装着することが可能な「ガード プロテクション バンパー」もスタイルと実用性を両立するパーツ。泥はねや水はねから乗り手をプロテクションいたします。価格16,000円(税別)
「フィッシング ボックス」という名のとおり釣り竿や道具などが収納可能なこのパーツは価格13,000円(税別)。後ろに見える赤い「ウォーター タンク ウィズ ブラケット」(価格18,000円:税別)は、キャンプ用の水などを入れるのに便利なアイテムですが、どちらも使い方はオーナーさん次第です
純正のボルトホールに付属のボルトを使用することで簡単に装着可能な「ミドル ラック キット」もかなり便利なアイテム。レインウェアなど使用頻度の高い荷物の積載に活用したいところです。価格13,000円(税別)
メインブラケットを取り付ければ、ご覧のようなエクステンドラックも取り付け可能。キャンプツーリングの積載名人なら、かなりの荷物が積み込めます。またこうしたアイテムの場合、実用性のみを追求したものが多いのですが、そこはムーンアイズ。デザインも洒落ています。価格13,000円(税別)
オフ車らしいアップマフラーが特徴的なデザインのハンターカブですが、こちらの「エキゾーストカバー」を取り付ければサラリとイメージチェンジが可能。価格も6,000円(税別)とリーズナブルです。
こちらの「カバーバルブ」(価格13,000円:税別)の他、「カバー クラッチ」(価格17,000円:税別)や「タイミング チェーン カバー」(価格11,000円:税別)などエンジンを飾るドレスアップパーツも多数用意。どれもアルミ地とブラックを活かしたコントラスト・カットがクールなデザインとなっています
フロントブレーキマスターのトップカバーも、こちらの「アッパー ブレーキ ポンプ カバー」でサラリとイメチェンが可能。こうした細かな箇所のパーツラインナップは流石、ムーンアイズです。(価格4,000円:税別)
アメリカン・ムード漂うムーンアイズのガレージの中でもシックリとハマるハンターカブ。生まれのルーツを考えたら、それも当然かもしれません
純正の荷台に「メインブラケット」(価格12,000円:税別)を取り付ければ、ご覧のようなスライドで開閉出来る「キャンプテーブルキット」(価格50,000円:税別)も装着可能。バイク・キャンプだとテーブルの持ち運びも躊躇するのが本音ですが、この一台ならキャンプサイトでテーブル変わりにお茶や食事、調理を楽しむことができます

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事