美味しいアジフライを求めて走る旅 逗子市『魚平商店』三代目は相当なバイク好きだった!?

国道134号と並行している「屋敷通り」沿いにあるお店。ホンダ「CT110」のようなバイクで行くのがちょうど良いような狭い道
取材に伺った日は一番人気の「さしみ弁当」と「うなぎ弁当」とリーズナブルな「アジフライ弁当」が販売されていた
アジや牡蠣のフライ、さつまあげなどのトッピングアイテムが並ぶ。塩辛も見逃せない
アジフライは1尾250円。さしみ弁当のトッピングにする人も多い
「カフェレーサー」をもじった「ベントウレーサー」などのステッカーもバイク好きの間で大人気
スタンダードなアジフライ弁当は650円
一見お上品に見えるかもしれないが、じつはかなりのボリュームがある「さしみ弁当」
相模湾産の肉厚なアジ。冷めても美味しい
魚平商店のアジフライは1尾から販売されている。タイミングが良ければ揚げたてを食べられる
魚平商店の三代目、和田大輔さん。マニアックな旧車から最新スポーツバイクまで所有
筆者(増井貴光)はスタンダードなアジフライ弁当(650円)にさらにアジフライを追加してダブルアジフライ弁当をオーダー
揚げ物やハンバーグなどがこれでもか!と詰め込まれ蓋が閉まらないボリューム満点の「350円弁当」

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事