大人のクラシック・バイクの大運動会 A.V.C.C.& LOCが筑波サーキットで開催

A.V.C.C.モデファイドBクラスで2位入賞を果たしたのはValley Auto Racingの宮本選手。同クラスはシリンダーの変更が認められているのですが、このマシンにはこの先、発売予定のオリジナルが装着されているとのことです
排気量は純正に準じたもので点火はポイント式、キャブレターもノーマルというストッククラスを制したのはNatural Steel Worksの松井選手。第二次世界大戦中の軍用車、WLAで果敢な走りを見せつけます
ストックBクラスで2位入賞となったのは松井選手と同門のNatural Steel Worksからエントリーした堀江選手。リジッドにスプリンガー、ハンドシフトのマシンが本気で競う光景は「観るレース」としてもオススメです
ハーレーのショベルヘッドとアイアンスポーツ、XRがエントリー可能なFSCRクラスで優勝を果たしたのはTEAM-HOT-DOCKの米澤選手。1台のカスタムとして見ても、こうしたクールなマシンを観ることが可能な点もA.V.C.C.の魅力の一つです
上位陣が純レーサーのXR750を占める中、ビッグツインのショベルヘッドで果敢に挑み、2位入賞を果たしたのはROUGH MOTORCYCLEの伊藤選手。あえてストックに近い仕様のエンジンでこの成績は見事です
雨天と前レースでのコースへのオイル散布により転倒者が続出し、規定周回が6周から2周に短縮された今回のA.V.C.C.で3位入賞を果たしたのはコンドウレーシング HOT DOCKの近藤選手。このライディング・スタイルからも攻めの姿勢が伺えます
1969年までの生産かつ排気量200cc以下のLOCウルトラ・ライトウェイト・クラスを制したのは1965年式スズキB-100を駆るフライングエースの斎藤選手。ライトウェイトクラスらしいコーナリングスピードで筑波の1ヘアを駆け抜けます
1967年以前に生産された250ccまでのライトウェイトAクラスを制したのはドゥカティ250F3を駆るベパクラ ミニバイクレース部の浜田選手。タイムも1分17秒台を叩きだし、抜きに出た速さを見せつけました
1968年以降に生産されたモデルで競われるライトウェイトBクラスで優勝を果たしたのはホンダCB90でEDRTからエントリーした高橋選手。オールド・ホンダ・レーサーらしいスタイルもクールです
251~350ccで1967年以前に生産されたモデルが対象となるジュニアクラスAで優勝を果たしたのはホンダCB72の中村選手。このように往年の名車を存分に走らせる環境としてサーキットはオススメです
351~500ccまでのモデルで競われるセニアクラスを制したのはイギリスのマチレスG50を駆る桐高レーシングの赤石巌選手。普段、滅多にお目にかかれない名車の走りを堪能出来る部分もLOCの醍醐味です
1968~1972年まで生産された251~350ccのマシンで争われるジュニアBクラスは最高峰のヘビーウェイトクラスと混走。そうした中、ホンダCB350を駆る桐高レーシングの赤石圭亮選手がクラス優勝です
501~750ccまでの排気量であるヘビーウェイトクラスと共に751cc以上のオープンクラスとの混走でもトップでチェッカーを受けたのがROCKET RACING TEAMの星選手。ヤマハXS650という不利な排気量にも関わらず、この成績は見事の一言です
LOCの最高峰クラスであるヘビーウェイト・オープンを制したのは、このレースで連勝を重ねるTeam 46 worksの中嶋選手。今回は雨中のレースの中、星選手の後塵を廃したが次戦、富士スピードウェイでの雪辱に期待です
2ストロークマガジンRTらしくカワサキ・マッハ750SSで出場の後藤選手はヘビーウェイト・オープンクラスで2位を獲得。市場で高い人気を博すこうしたマシンの“本気で走る姿”を確認出来る点もLOCの魅力のひとつです
当然、この日はMCFAJによるクラブマンロードレースも開催。写真は海外メーカーを対象にしたレース、MAX10グループのもので“MAX6”のワンシーン。このようにハーレーとドゥカティがバトルを繰り広げる光景は、かなりアツイです
MCFAJのクラブマンロードレースではスポーツバイクのクラスの他、こちらのようなサイドカーもアリ。普段、なかなか目にする機会がないレース専用車の走りを眺めても楽しい限りです
前レースで1周に渡ってオイル漏れ走行というトラブルが発生した上で雨中のウェット・コンディションとなった為、A.V.C.C.では転倒者が続出する荒れ模様。この日は2周で赤旗中断&レース成立により順位が決定されました。次戦の富士では完全燃焼を望みます
前レースで1周に渡ってオイル漏れ走行というトラブルが発生した上で雨中のウェット・コンディションとなった為、A.V.C.C.では転倒者が続出する荒れ模様。この日は2周で赤旗中断&レース成立により順位が決定されました。次戦の富士では完全燃焼を望みます
現在、アメリカのダートトラックシーンではインディアンが無敵の強さを見せつけていますが、A.V.C.C.のサイドバルブ・モデファイドBクラスの優勝もTOKYO INDIANS RACING CLUBの船水選手が優勝。おめでとうございます
当然、この日はMCFAJによるクラブマンロードレースも開催。写真は海外メーカーを対象にしたレース、MAX10グループのもので“MAX6”のワンシーン。このようにハーレーとドゥカティがバトルを繰り広げる光景は、かなりアツイです
2021年4月4日に開催されたA.V.C.Cの様子。貴重な旧車の迫力ある走行を堪能できます
1948年まで生産されたアメリカン・バイクで排気量20%増とキャブレターの変更が認められるモデファイド・Aクラスでの優勝はTeam KUMA SPEEDの熊谷選手。1936~47年に生産されたハーレー、“ナックルヘッド”で凄まじい走りを見せつけます

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事