ビモータ「テージH2」は刺激を感じなくなったライダーが最後に行き着く先!? 別次元のハンドリングを実現する新生ビモータ第一弾モデル

ビモータ「テージH2」と筆者(伊丹孝裕)、日本総輸入発売元モトコルセの近藤 伸会長(右)。近藤会長は古くからビモータ製品を扱ってきたため、ビモータに対する深い造詣を持ち合わせています
ビモータ「テージH2」
ビモータ「テージH2」
ビモータ「テージH2」
ビモータ「テージH2」
ビモータ「テージH2」
ビモータ「テージH2」
ビモータ「テージH2」
ビモータ「テージH2」
ビモータ「テージH2」
ビモータ「テージH2」
ビモータ「テージH2」
ビモータ「テージH2」に乗る筆者(伊丹孝裕)
ビモータ「テージH2」に乗る筆者(伊丹孝裕)
ビモータ「テージH2」に乗る筆者(伊丹孝裕)
ビモータ「テージH2」に乗る筆者(伊丹孝裕)
ビモータ「テージH2」に乗る筆者(伊丹孝裕)
独自の車体にスーパーチャージドエンジンを組み合わせた新生ビモータ第一弾モデル「テージH2」。強烈な個性を放ちます
ビモータ「テージH2」と身長174cmの筆者(伊丹孝裕)。独自の車体構造とされたテージH2には「低重心化によるハンドリングの軽さ」「姿勢変化が少ないことによる安定性の高さ」といったメリットがあります
独自の車体構造とされたビモータ「テージH2」と筆者(伊丹孝裕)。カワサキ製スーパーチャージドエンジンと車体のマッチングにより、高い速度域でも両輪が押さえつけられたまま突き進んでいきます

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事