潰れて守る! 自転車とバイクの両方で「頭を守る」カブト流安全理論とヘルメットの選び方

オージケーカブトの最新モデル「SHUMA」
オージケーカブトの最新モデル「SHUMA」
オージケーカブトの最新モデル「SHUMA」
オージケーカブトの最新モデル「SHUMA」
オージケーカブトが開発した歴代のヘルメット。現在も進化を続けています
開発部 企画・広報課 主任の柿山昌範さん
オージケーカブトの最新モデル「SHUMA」
オージーケーカブト製のヘルメットに備えられたPCSマークやSGマーク。レーシングモデルでは、さらにMFJ規格公認やFIM規格公認などのマークが付けられています
用途にあわせ、様々な仕様のヘルメットを用意するオージーケーカブト
オージーケーカブトの製品はシェルとライナーのどちらもが衝撃を吸収しながらうまく潰れるように設計。脳にできるだけ衝撃を与えないように考えられています
自転車用ヘルメットにおいては国内シェアNo.1のオージーケーカブト。自転車競技の日本代表チームも仕様するなど、その性能、安全性は折り紙付きといえます

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事