思いっ切りハジけていた、1980年代のスズキ ~2輪系ライター中村トモヒコの、旧車好き目線で~ Vol.8

同時期に発売された「GSX-R750」の影に隠れて、現役時代はいまひとつ人気が盛り上がらなかったものの、「RG400Γ」「RG500Γ」はGP500レーサーに最も近づいた量産市販車。アルミフレームにロータリーディスクバルブ吸気のスクエア4気筒を搭載
1985年にデビューした「GSX-R750」は、1983年の世界耐久選手権を制した「GS1000R」のレプリカ。革新的な油冷システムを導入した並列4気筒エンジンには、130ps以上のチューニングを念頭に置いた耐久性が与えられていた。写真は1986年に登場した限定車の「GSX-R750R」
1960年代から1970年代初頭に“夢の内燃機”と言われたロータリーエンジンは、ホンダ、ヤマハ、カワサキも開発を行なったが、実際に市販されたのはスズキ「RE-5」のみ。1974年に登場した初代のデザインは、ジョルジェット・ジウジアーロが担当
スズキは「GSX-RR」で2020年シーズンのMotoGPチャンピオンを獲得(ライダー/ジョアン・ミル選手)
1983年型「RG250Γ」は、量産初のアルミフレーム車にして、以後のレーサーレプリカの基盤を作ったモデル。最高出力45ps、乾燥重量131kgという数値は、当時の250ccクラスでは衝撃的だった
1980年代前半の4ストローク400cc並列4気筒ブームで、スズキはライバル勢に遅れを取っていた。そんな同社にとって起死回生のモデルとなったのが、クラス初のアルミフレームを採用した1984年型「GSX-R」(400ccモデル)だ
スズキ製大排気量アドベンチャーツアラーの原点として、1988年から発売が始まった「DR750S」は、ラリー用ワークスマシン「DR-Z」の技術を転用して開発。油冷単気筒のボアサイズは当時の2輪では最大の105mm
昨今はスタイルに注目が集まりがちな「GSX1100Sカタナ」だが、1981年秋のデビュー時は世界最速車だった。海外の2輪誌が行なったテストでは実測237km/hをマーク。当初は1000ccと750cc仕様も併売

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事