国産250ccビッグスクーターを紐解く

ヤマハは2001年に500ccの2気筒エンジンを搭載する「TMAX」を発売
ホンダのビッグスクーター「フォルツァ(2000)」
ヤマハから欧州向けモデルとして「マジェスティ400(2004)」
フレームむき出しのデザインが特徴のホンダ「PS250(2004)」
600ccのエンジンを搭載し、大型ウインドスクリーンを備えたホンダの「シルバーウイング(2001)」
ヤマハ「マジェスティ」
ヤマハ「グランドマジェスティ(2004)」
スズキ「スカイウェイブ250(2013)」
ホンダ「フォルツァ(2021)」
1984年に販売されたホンダ「スペイシー250フリーウェイ」
タンデムを意識し開発されたホンダの「フュージョン(1986)」
若者を中心に人気を集めたヤマハの「マジェスティ250(1995)」
スズキ「スカイウェイブ250(1998)」
スズキの大型スクーター「スカイウェイブ650(2002)」
ヤマハのロングボディ低重心スクーター「マグザム(2005)」
左右非対称のヘッドライトを搭載したスズキの「ジェンマ(2008)」
ホンダ「PCX160」

この画像の記事を読む

画像ギャラリー

最新記事