ホンダのロードスポーツモデル「CB250R」に新色マットパールアジャイルブルーを追加し、4月19日に発売

ホンダのネイキッドロードスポーツモデル「CB250R」は、若年層に訴えかけるモダンで高品位な質感に良好な足つき性を実現し4月19日に発売します。

洗練されたディティールは、モダンで高品質な仕上がり

 ホンダは、コンパクトな車体に高性能な水冷4ストロークDOHC単気筒249ccエンジンを搭載したネイキッドロードスポーツモデル「CB250R」の足つき性を向上させるため、フロントサスペンションのスプリングやリアサスペンションを変更し、メインステップバーの形状を見直しています。

 また、急制動時の後輪浮き上がりを効果的に抑制するIMU(車体姿勢推定システム)付ABSを標準装備しています。

ネイキッドロードスポーツモデル「CB250R」(マットパールアジャイルブルー)

 カラーリングは、シックでありながら艶やかな「マットパールアジャイルブルー」を新たに採用。高質で鮮やかなキャンディークロモスフィアレッドや精悍なブラック、金属質のマットクリプトンシルバーメタリックと合せて4色設定としています。

 また、マットパールアジャイルブルーとキャンディークロモスフィアレッドは、シュラウドやヘッドライトリム、フロントフェンダーをマットブラックとし、前後ホイールはブラウンを採用。また、全色ともフロントフォークのアウターをブロンズ色としています。

足つき性向上に寄与した795mmのシート高と前後足回り変更

 CB250Rは、新世代CBシリーズとしてマスの集中化と軽量化を図った凝縮感のあるダイナミックな台形プロポーションや上質な走りを演出するパワーユニット、快適なライディングを提供するシャシーなどにより、若年層のエントリーユーザーを中心に展開しています。

「CB250R」の価格(税込)は、55万4040円、国内年間販売台数は3000台です。

 なお、「CB250R」は、2019年3月15日(金)から17日(日)までインテックス大阪で開催される「第35回 大阪モーターサイクルショー2019」と、3月22日(金)から24日(日)まで東京ビッグサイトで開催される「第46回 東京モーターサイクルショー」に出展(予定)されます。

【了】

ネイキッドロードスポーツモデル「CB250R」の写真を見る

画像ギャラリー

最新記事