バイク生産工場初見学の小野木里奈 ヤマハの物作りや安全管理に感銘を受けました!!

NIKEN工場見学
バイクに乗るのが好きな人もバイクを作ることが好きな人も働くヤマハの工場。『とにかく良いバイクをお客様に届けたい』と口を揃えてヤマハの方々は、答えてくれました。

待ちに待ったヤマハの工場見学 物作りの最前線へ初潜入!!

 ヤマハのバイク工場見学は、小学生のときの社会科見学以来です。バイクの工場を見学することは初めてなので、なかなか入ることができない場所ということもありこの日が楽しみで仕方なかったです。工場は、静岡県磐田市にあり、生産工場の他にヤマハ本社やコミュニティープラザ、サッカー競技場があったりと、まさにここはヤマハタウン。いよいよ待ちに待ったヤマハの工場でNIKENの生産過程に注目し見学します。

ヤマハNIKEN生産工場へ見学に来ました

 工場の入口には、NIKEN以外個人的に注目しているMTシリーズなどその棟内で作られている車種や説明のパネル、工場で働いている方々の写真とお名前がずらりと並んでいます。一つの工場でこれだけの方々が中でバイクを作っているんだと圧倒されます。
 
 そしていよいよ工場内へ。入り口付近には、完成車やどこの部分か私には想像できない部品が、たくさん置いてあります。この色々な部品が、目の前にある大きなバイクになると思うと、とても不思議な感覚になり、ますます興奮してしまいます。

 工場内の通路には、白線が何本も引かれていて、自動的に部品を運ぶための機械などが通ります。その機械たちはずっと音楽を流しながら、それぞれ指定の場所で動いています。実際工場内では、機械音にまじり目の前を通過する自動運搬機が音楽を流すのを聞いていると、なんだか面白くなります。工場内は、もっと緊張感がある空間なのかなと最初思っていたので意外でした。

自動運搬機は曲を流しながら通過して行きます

 工場の方にお聞きしたところ、曲もその日に合わせて自由に選べるようですよ。

 工場は、秘密が多く普段は関係者以外立ち入り禁止ですし、外からの光もシャットアウトされているので、バイクを作る方々にとっては、明るく楽しい職場環境を作ろうとしている工夫が感じられます。

車種ごとにラインの生産体制が変わるバイク工場

 今回見学させていただいたNIKENの工場は、一つのライン上で大勢の方々が順番に自分の担当箇所から組み立てます。一方でSRは、1台のバイクを3人で呼吸を合わせながら作っていくそうです。

一人ひとりが確実に担当の部品を車体に組み付けます

 順番に見学していると、部品の一つ一つを基本的には人の手を使って丁寧に組み立てられていきます。私の勝手な想像で、バイクは部品も組み立てていく過程も全てコンピューターによって操作されていると思い込んでいました。実際に見学すると一人ひとりの手作業によるものだったことがとても驚きます。

 確かに人の手だけで持ち上げることが困難で、重くて大きい部品は、天井から特殊な機械で部品を吊るし、人の手で前後左右に動かすことで、簡単に車体に装着されていくのです。

生産初期段階から難しい作業だったLMW機構の取り付け

 工場の方に「どの部品を組み立てる段階が一番難しいのですか?」とお聞きしたところ「NIKENのシンボルでもあるフロントタイヤ2つが付いている部品を車体に装着することがとても大変な作業です」と教えていただきました。

 やはり、普通のバイクとは異なり、フロントタイヤが2つあるため、部品のバランスを上手くとり車体に装着することがNIKENの生産初期段階からは、なかなかできなかったとお話ししてくれました。

NIKENは大きく迫力のデザインですね

 完成直前の実車を初めて見た第一印象は、大型バイクの中でもNIKENは特に大きい!そして迫力のあるデザインです!

 乗り物は、安全性が重要なので、生産する一人ひとりが組み立てつつ何か問題は無いかととても真剣な眼差しで車体を確認します。このような安全管理に重きを置いた作業を見学していると、バイクに乗るとき私たちも安心して運転できますね。

 あとはバイクを持っている方が、工場の作業内容を知ることで、1台のバイクを機械ではなく人の手によって大切に大事に作られていることを、乗り手である私たちもバイクを楽しく安全に運転したいと思えるのではないでしょうか。

お話しさせていただいた方々のバイク対する愛情は本物です

 そして、工場で働いている方々は全員がバイクを所有しているわけではありませんでした。バイクを普段乗らなくてもバイクを作ることへの愛情が深い方ばかりで、「とにかく良いバイクをお客様に届けたい」と口をそろえてお話しされていました。

 バイク工場の見学は普段行く機会が少なく、何より手で組み立てているという事実を知ることで、バイクに対する見方がまた変わったような気がします。

【了】

NIKEN生産工場の画像を見る(10枚)

画像ギャラリー

Writer: 小野木里奈

女優(Sony Music Artists所属)。両親の影響で幼い頃にはバイクに憧れを持ち、23歳で大型バイクの免許を取得。いつか自分もお気に入りのバイクを見つけて、友達とツーリングに行くのが夢。初心者の立場で感じたことを素直に発信する。

最新記事