• バイクのニュース
  • 試乗記
  • スモールだからこそタフ! いつでも冒険心かき立てられるスズキ「ジムニー」&「Vストローム250」

スモールだからこそタフ! いつでも冒険心かき立てられるスズキ「ジムニー」&「Vストローム250」

スズキの「ジムニー」と「Vストローム250」は、走り出すだけで忘れかけた冒険心がそっと寄り添ってくるモデルです。

どちらも手軽な“軽”クラス!!

 スズキの人気モデル2台に乗ってみました。「ジムニー」と「Vストローム250」です。どちらも土の匂いがしますが、普段使いでメインとなるステージは言うまでもなくオンロード、街乗りでしょう。ですが、ダートも突き進むことができると考えただけで、ワクワクしてくるではありませんか。冒険心が日常にそっと寄り添ってくる、両車に乗るとそんな幸せな気持になるのでした。

スズキ「ジムニー/Vストローム250」と筆者(青木タカオ)

 両車に共通しているのは、比較的手頃なクラスということではないでしょうか。「ジムニー」は軽自動車枠、「Vストローム250」は車検不要の軽二輪というセグメントです。そうした身近なカテゴリーでありながら、オフロードもいけるという頼もしさがあるなんて、どちらも人気者なのが頷けます。

 筆者はオフロードバイクでダートを走るのが好きですが、林道などで4WDに出くわしたとき、よく見かけるのが「ジムニー」です。四輪車でよくこんな山深いところまで入ってきたなぁ、スゴイ! と感心せずにはいられないことが多く、お話しさせていただくと「ジムニーでないとダメ」とオーナーは言います。

 カスタムパーツも豊富で、そもそも車体がコンパクトなのが良いのだとか。つまり、小さいからこそいけるってことなのでしょう。そういった話しを聞くと、ジムニーを選ぶ人たちは本格的なオフロード好きなんだと、共感するところが昔からありました。

「ジムニー」は、オフロードだけでなく舗装路や高速道路での走行も快適

 そんな「ジムニー」の最新版は、ダートでの走破性をいっそう高めているとのこと。それを聞いて意外に感じました。バイクの場合、純粋なオフロードバイクは減少傾向にあり、いま人気があるのはオンロードをメインにしたクロスオーバーモデル。高速道路も快適で、その上で未舗装路も大丈夫といったアドベンチャースタイルです。

 そう考えると、オフロード性能を重視したなんて思い切りがいいというか大胆。さすがは「ジムニー」だと思いました。だって四輪車の場合、二輪以上にダート走行は気軽なものではないはず。にも関わらず、オフロードに強いことを追求するなんて、“持ち味”という“らしさ”をちゃんと開発陣はわかっているのでしょう。

「ジムニー/Vストローム250」の画像を見る(10枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事