「レギュラー」と「ハイオク」は何が違う? レギュラー車にハイオクを入れたらパワーアップは都市伝説!?

一般的なガソリンスタンドで給油できるガソリンには「レギュラー」と「ハイオク」の2種類があります。バイクもクルマもモデルによって入れるべきガソリンの指定がありますが、指定と異なるガソリンを給油したらどうなるのでしょうか。

レギュラーとハイオクは何が違う?

 ガソリンエンジンを搭載したバイクやクルマを動かすために必要な燃料には、多くの方がご存知のとおり、「レギュラー」「ハイオク」「軽油」の3種類が存在しています。ディーゼルエンジン以外の場合には「レギュラー」「ハイオク」を使用しますが、この2つは何が違うのでしょうか。

給油の際にはエンジンの仕様に合ったガソリンの選択が必要

 一般的に「レギュラー」よりも高価な「ハイオク(プレミアム)」は、「高オクタン価ガソリン」のことを指しますが、この“オクタン価”とは、ガソリンの燃えやすさを数値化したものです。最も燃えにくい(発火温度が高い)ガソリンを100とし、燃え易くなるほど数値を少なく表します。国内の場合、オクタン価96以上がハイオク、89以上96未満がレギュラーガソリンです。バイクの場合はレギュラーが一般的ですが、高性能車や輸入車を中心にハイオクを指定したバイクがあります。

 エンジンは、シリンダー内に取り込んだガソリンと空気の混合気をピストンで圧縮した後に点火し、爆発したエネルギーを利用してクランクシャフトを回転させます。圧縮比を高めることで爆発力は大きくなりますが、圧縮を上げるほど混合気は高熱になるため、発火温度が低いガソリンを使用すると点火前に圧縮した熱で発火して異常燃焼(ノッキング)やデドネーションを起こしてしまいます。これを防ぐため、燃えにくくしたのがハイオクです。ハイパワーのエンジンは、このハイオクガソリンの使用を前提に高圧縮の設計にしているのです。

一般的な4ストロークエンジンの工程

 したがって、レギュラー仕様のエンジンは、レギュラーガソリンを使用した際に最適なパフォーマンスが発揮できるよう設計されています。割高なハイオクを給油しても性能を上げることはできません。また、ハイオク仕様のエンジンにレギュラーガソリンを入れた場合はエンジン本来の性能をフルに引き出すことができず、確実にパワーダウンしてしまいます。

ガソリンの間違いが故障につながるケースも

 4輪車のエンジンはだいぶ以前から電子制御され、ガソリンの種類を判別して点火時期を自動的に調整する機能を備えたものがほとんどです。そのため、指定と異なるガソリンを給油しても、問題が発生する可能性は低くなっています。

エンジン内のピストンに付着したカーボン

 しかし、バイクでは本格的な電子制御を採用していない車種もあるため注意が必要です。ハイオク仕様のエンジンにレギュラーを入れた場合、ノッキングが発生し、振動などの影響で不調、故障につながることもあるようです。レギュラー仕様のエンジンにハイオクを給油した場合は、燃焼不良からエンジン内にカーボンがたまり、始動できなくなったという報告もあります。

不適切なガソリンを使用した場合、最悪ブローに繋がることも。

 電子制御がない古いバイクやクルマはガソリンの種類の違いが顕著に反映されるためトラブルが発生しやすくなります。ノッキングが発生することでエンジン内部の部品が損傷し故障につながるリスクもあるため、注意が必要です。給油の際は、自分のバイクがどのガソリンを必要としているか調べ、指定の燃料を使用することが、安心、安全につながるといえるでしょう。

【了】

不適切なガソリン使用によるトラブルの画像を見る

画像ギャラリー

最新記事