鈴鹿4時間耐久 決勝2位に入ったグリーンクラブ能塚の監督、ライダーに聞いた!

鈴鹿4時間耐久ロードレースで2位表彰台を獲得した#69グリーンクラブ能塚の上野監督と植垣創平選手にお話を聞いた!

九州の名門、グリーンクラブ能塚!!

 鈴鹿4時間耐久ロードレースで2位表彰台を獲得した#69グリーンクラブ能塚の上野監督と植垣創平選手にレース前にお話をお聞きしました。

4耐2位の#69グリーンクラブ能塚

 ――九州でグリーンクラブ能塚は名門チームだと思うのですが、上野監督は普段どのような関わりをしていますか?

 僕は九州で佐賀カップというミニバイクのオーガナイズをしています。それと草レースが沢山あるのですが、大人や一般向けのレースを何十年もやってきています。ちなみにMFJのロードレース委員もやってます。

 ――4耐に参戦する意義は?

 出ると決まった時から人選が始まるのですが、ばらばらだった人たちが4耐に出場するということで集まり、そこに集まった人が協力し、ベストを尽くそうとチームの環境が出来上がっていくのが、面白いんじゃないですか。

#69グリーンクラブ能塚 上野監督

 ――ライダーを育てたいというよりは、バイクを楽しみたい感じでしょうか?

 いや、4耐に出ることでみんなタフになるじゃないですか。人間関係の確認から入って、どう関わって、できるだけ良い結果を求めるには自分はどうしたらいいのか、きっかけになるじゃないですか。

 それは、ピットクルーもヘルパーも監督も、会場に来れなくても手伝ってくれた人も、ライダーも一緒だと思う。ライダーは、これだけの台数が一緒に鈴鹿サーキットを走るというのはザラにないので、その中で結果を残したい。一つでも良いポジションを求めるのは欲だから、それに向かって非常にタフになる。人も育つし、チームの纏まりもできるのかな。

4耐出場は人生経験と語る植野選手

 レース前に#69グリーンクラブ能塚の植垣創平選手にもお話をお聞きしています。

#69グリーンクラブ能塚 植垣創平選手

 ――4耐出場は何回目ですか?

 2回目です。

 ――最初に4耐へ出た時はどうでしたか?

 楽しかったですね。

 ――4耐に出る意義は?

 チームのワークや人が多いのでいろいろと話し合うのが本当に楽しいですね。4耐では表彰台を目指しています。

 ――ライダーとして目指していることは?

 ライダーとしては何も目指していません。趣味です。楽しく走って就職できたらいいですね。4耐出場は、人生勉強です。

 ――マシンの特徴を教えてください。

 セットアップについては全くわかりません。メカニック任せです(笑)

 ※※※

 名門チームグリーンクラブ能塚は、人を育てあげるチームの結束力、サポート体制や経験値が、悪天候の4耐決勝レースでの活躍に結びついたのでしょう。

【了】

グリーンクラブ能塚の画像を見る

画像ギャラリー

最新記事