体幹部の側面を伸ばすし、気持ちもリラックスさせましょう ~バイクdeストレッチ Vol.17~

バイクdeストレッチ、現在のパートでは体の柔軟性を高めたり、ライディング後の疲れを緩和したりする、静的ストレッチをMIOさんとともに解説していきます。

4.体の柔軟性を高める『静的ストレッチ』

 上半身は前後左右、あらゆる方向に動いて体全体のバランスを取っています。ライディング中は、体を固定しているように感じますが、実は筋肉を微妙に働かせてバイクの姿勢をコントロールしているのです。

ヤマハ「YZF-R25」とMIOさん

 そこで前回までは体幹部の前面と背面のストレッチを紹介してきましたが、今回は体幹部の側面を伸ばす方法を紹介して行きましょう。

4-5 体幹部の側面を伸ばすストレッチ

① 足を腰骨の幅に開いてリラックして立ち、両手を頭の後ろで組みます
② 背骨から曲げるように意識して、「1、2、3」と3秒かけて上半身を右に倒していき、左の体側をストレッチします。十分に伸びるのを感じたら、そこで20~30秒静止します
③ 反対側も同じようにします。首を一緒に曲げないようにすることが、体の側面を十分に伸ばすコツです

 この方法では「うまく伸ばせない」、「伸ばした実感がない」という人もいます。そのため、今回はもう一つのやり方も紹介しておきます。

④ 足を腰骨の幅に開いて立つのは同じです。両手を頭上に掲げて、右手で左手首をつかみます
⑤ 半円を描くようなイメージで、右手で左腕を引き付けて、「1、2、3」と3秒かけて左の体側を伸ばしていきます。脇腹から脇の下までが十分にストレッチされるのを感じたら、20~30秒静止します
⑥ 右体側を伸ばすときには手を入れ替えて、左手で右手首をつかんで、②と同じようにします

 ツーリングの休息中にやると、思っていたより体の側面が緊張で硬くなっているのが実感できるはずです。強張りが抜けていくと気持ちもリラックスできるはず。すると、次に走り出すときに集中力を高めることができます。

 体の側面は、日常生活でもあまり意識しない部位です。十分に伸ばしてください。また、お風呂上がりや寝る前に実行すると、やはりリラックスしてスムーズに睡眠に入っていける効果が期待できます。

体幹部の側面を伸ばすことで気持ちもリラックスしますよ!

「正直言って、私も体側を意識することが少ないんです。でもトレーニングや練習が終わった後には、全身十分なストレッチをするようにしています。みなさんも、ストレッチで柔軟性をあげ、そして運転の疲れを抜いて、安全なツーリングを楽しんでくださいね」

MIO
初代シュートボクシング日本女子ミニマム級王者
Energy Fight×Shoot Boxing 48kg級王者

【了】

バイクdeストレッチ Vol.17の画像を見る

画像ギャラリー

最新記事