斬新なエアロパーツや最新装備で若者の心をガッチリ掴んだ80年代を代表する原付スクータースズキ「Hi-R」

スズキの「Hi(ハイ)」は、ビビッとなカラーリングと高出力エンジンに軽量の車体で人気を博した原付です。上級モデル「Hi-R」には、80年代のスズキ車に搭載されている最新技術が多数採用されています。

原付スクーターレースで大活躍のスズキ「Hi(ハイ)」とは?

 スズキのHiシリーズは、1986年にパーソンズやウォルターウルフなど他ブランドとのコラボカラーが採用されたバージョンが多数存在しています。加えて軽量でハイパワーエンジンを搭載したHiは、当時人気を博していた原付スクーターレースなどでも幅広く活躍しました。原付スクーターレースにおいてHiは、ヤマハのJOGやチャンプ、ホンダのDJ・ 1などと激しく争っていました。また、HiのCMには、明石家さんまさんを起用し、注目を集めた原付スクーターです。

スズキ「Hi-R」(1987)

 1987年には、Hiシリーズにレーシーなスタイルを持つモデル「Hi-R」が誕生します。スズキが開発したブレーキ時に油圧を使いフロントのノーズダイブを抑制するANDF(Anti Nose Dive Forks)、ハイグリップタイヤ、Hi-Rの特徴でもあるエアロブリスターフェンダーやリアスポイラー、イエローバルブへドライとなどを標準装備されており、「R」の名の通りレーシーな仕上がりでした。

「Hi-R」には、総排気量49cc空冷2サイクル単気筒エンジンが搭載、最高出力6.5PS/6500rpmを発生させています。また、Vベルトドライブ方式を採用し、ライダーにはスムーズな加速感を提供していました。

「Hi-R」の特徴的なエアロブリスターフェンダー

 スズキ「Hi R」発売当時の価格は、12万9000円です。

 ■Hi-R諸元
 全長×全幅×全高:1595mm×615mm×985mm
 車両重量:57kg
 乗車定員:1名
 総排気量:49cc
 エンジン:空冷2サイクル1気筒
 最高出力6.5PS/6500

【了】

スズキ「Hi R」の画像を見る

画像ギャラリー

最新記事