西日本最大級 カスタムの祭典「神戸ニューオーダーチョッパーショー」が神戸国際展示場で開催

2019年8 月18日に開催された『ニューオーダーチョッパーショー2019』は、西日本最大級のカスタムイベントとして知られています。14年目を迎えた2019年のショーでも様々なチョッパーを目にすることができました。

神戸ニューオーダーチョッパーショーが去る8月18日に神戸国際展示場で開催

 去る2019年8月18日に兵庫県の神戸国際展示場3号館にて『ニューオーダーチョッパーショー2019』(以下NOCS)が開催されました。

ベスト・オブ・ショーとホットバイクジャパン・ピックを獲得したシウン・クラフトワークスによるショベル・チョッパーとNOCSショーガールたち。会場で華やかな雰囲気を演出します

 今年で第14回目となるこの催しは、西日本エリアを代表するインドア・カスタムショーにして地元のカスタム・ショップやユーザーにとって自慢のマシンを披露する貴重な空間となっているのですが、日本で唯一、『チョッパーショー』を謳うだけあって、やはり出展される車両は『チョッパー』が中心。3800平方メートルの展示面積を誇る上、余計な柱などが存在しない神戸国際展示場の3号館には地元、神戸をはじめとする近畿地方のみならず、北は東北の福島、南は九州の福岡まで多くのショップのマシンたちが一堂に会すこととなりました。

 ちなみにショー当日は台風10号が過ぎ去った好天に恵まれ、気温は30度オーバー。まさに猛暑日というシチュエーションとなったのですが、訪れた観客の皆さんは冷房の効いた会場の中で極上のチョッパーたちを堪能した様子。あまりの暑さが功を奏してか観客の皆さんが会場の外や駐車場に分散されることもなく、会場内は多くの人々が行き交い、日中を通してにぎやかな雰囲気だったように思います。

会場となった神戸国際展示場3号館は終日、ご覧のような賑わい。今年で14年目を迎えたショーだけに地元のチョッパーマニアには恒例のイベントとなっています

 また、このショーでは毎回、出展したビルダー同士の投票によって、アワードが決定する『ビルダーズ・チョイス』が採用されているのですが、今年は地元、神戸のシウン・クラフトワークスによるハーレーショベル・ヘッドと明石のモータースクエア・ラット、そして滋賀県のカスタムワークス・ゾンの車両が受賞。

 いずれもショーが掲げる冠のとおり、極上のチョッパーがトロフィーを獲得することになったのですが、特に明石のモータースクエア・ラットが製作したホンダDAXベースのマシンは、『ベースマシンが何であるかを問われない』チョッパーの基本的な理念を体現したもので、まさに『チョッパーショー』らしい結果となったことも個人的には印象に残りました。

ハーレーが出展の中心となるNOCSの中でビルダーズチョイスで見事、2位に輝いたのが兵庫県明石市のモータースクエア・ラットによるホンダDAX。センスを感じる仕上がりです

 そのアワードの授賞式の後、毎年、大トリとして『上条早樹ロープアートショー』がステージ上で展開されるNOCSですが、いわゆるSMショーをソフトにアレンジし、多くの観客が見られるようにしたこの催しは、もはや同ショーの風物詩。2014年から毎年、NOCSの締めくくりとして行われるステージ・パフォーマンスが多くの観客たちを楽しませるのも恒例。華やかなショーガールが会場を彩るのも同ショーの特色となっています。

 このように、良い意味で変わらないローカル・ショーとしての雰囲気をキープしているNOCSですが、主催者である神戸のショップ、コアマシーンの清水重貴氏は「15周年となる来年に向けて、様々な仕掛けを考え、より今まで以上に盛り上げたい」とその意気込みを語ります。

世界のチョッパーシーンにまで、その名を轟かせる滋賀のカスタムワークス・ゾンによるナックルヘッド・チョッパーはビルダーズチョイス3位とバイブズ・ピックを獲得

 ビルダーやユーザーが、自慢のカスタムを披露し、それを見た観客の皆さんが「あんなバイクがほしい」と願い、夢のマシンをショップへオーダーし、またショーへ出展される車両が生まれる連鎖……そんな流れに想いを巡らせると、やはり『カスタム』や『チョッパー』を盛り上げるには、『ショー』という存在は不可欠です。

 来年は節目の15周年で会場は今年と同じく神戸国際展示場を予定しているニューオーダーチョッパーショー。前売りでe-プラスチケットを入手すれば、スマホをかざして入場出来る手軽さなので、皆様も来年はご友人をお誘い合わせの上、神戸でチョッパーの世界にアシを踏み入れてみてはいかがでしょうか。

【了】

極上のチョッパーが集結! ニューオーダーチョッパーショー2019の画像を見る

画像ギャラリー

Writer: 渡辺まこと

ハーレーや国産バイクなど、様々な車両をベースにアメリカン・テイストのカスタムを施した「CHOPPER」(チョッパー)をメインに扱う雑誌「CHOPPER Journal」(チョッパージャーナル)編集長。カスタム車に限らず、幅広いバイクに対して深い知識を持つベテラン編集者。

最新記事