その顔「ジョーカー」にインスパイア!? 新型「ストリートファイターV4/S」登場【EICMA2019事前情報】

ドゥカティの新型ネイキッド「Streetfighter V4(ストリートファイターV4)」が登場しました。イタリア・ミラノで11月7日から一般公開となる「EICMA2019」会場にて展示されます。

ウイングは車体を低く、路面上を力強く走るために

 ドゥカティが2020年モデルとして発表した新型「ストリートファイターV4」は、「パニガーレV4」をベースとし、ドゥカティのネイキッドモデルの頂点に君臨するハイパフォーマンスマシンです。

ドゥカティ新型「ストリートファイターV4 S」(2020年型)

 ストリートファイターV4はパニガーレV4からフェアリングを取り去り、高くワイドなハンドルバー、ラジエターサイドパネルに配置された“バイプレイン(二翼)”ウイング(高速時における前輪の浮き上がりとウイリー傾向を抑える)を装着しています。

 ミニマリズムを体現したフルLEDヘッドライトには、パニガーレV4とスーパースポーツに採用されているV字型の「デイタイム・ランニング・ライト(DRL)」を備え、その特徴的なフロントマスクはデザイナーがコミックのキャラクター「ジョーカー」の不気味な笑顔にインスピレーションを得た造形となっています。

 心臓部はパニガーレV4同様の排気量1103cc「デスモセディチ・ストラダーレ」エンジン(水冷90度V型4気筒)を搭載し、最新世代のエレクトロニクス・パッケージによって車体のあらゆる挙動を監視します。

 一部のコントロールシステムは「発進」「加速」「ブレーキ」を、他のシステムは「トラクション」を管理し、さらに他のシステムがコーナリング中やコーナーからの立ち上がりでライダーをサポートし、トータルで優れたパフォーマンスを発揮できるものとしています。

 また、前後にオーリンズ製の電子制御システムを装備するサスペンション、オーリンズ製ステアリングダンパー、軽量なマルケジーニ製アルミニウム鍛造の前後ホイールなど、よりグレードの高いパーツを装備した「ストリートファイターV4 S」も同時に登場しています。

2020年ドゥカティ新型「ストリートファイターV4」(写真左)/「ストリートファイターV4 S」(写真右)

 このように、パニガーレV4からハイパフォーマンスネイキッドを生み出すことをドゥカティでは「Fight Formula=戦うための方程式」と呼び、この個性的なニューモデルについて、ドゥカティ社CEOクラウディオ・ドメニカーリは以下のように話します。

「エルゴノミクスやシートパッドを見直し、また公道走行用にサスペンションを設定したことにより、快適性を重視したハイパフォーマンス・モーターサイクルが誕生しました。乗りやすさと安全性を第一目標とする極めて洗練されたエレクトロニクス・パッケージにより、パニガーレV4は、他のドゥカティと同様、安全なモーターサイクルに仕上がっています」

 車両重量は178kg(パニガーレV4 S)、最高出力は208ps/12,750rpmです。ネイキッドモデルのエンジンとしてこのユニットは圧倒的なパワーを備えていますが、専用のマッピングが施されたことにより、日常ユースでの実用性や走る楽しさも同時に実現している、と言います。

※ ※ ※

 価格(消費税10%込み)は「ストリートファイターV4」が243万5000円、「ストリートファイターV4 S」が279万9000円です。ボディカラーは伝統のドゥカティ・レッドにダークグレイのフレーム、そしてホイールはブラックです。

【了】

ドゥカティ新型「ストリートファイターV4/S」の画像を見る

画像ギャラリー

最新記事