航続距離は最大400km! イタリア「エネルジカ」が最新電動バイク「EGO」を発表【EICMA2019】

イタリアの電動バイクメーカー「energica(エネルジカ)」は、ミラノで開催された「EICMA2019」で新型の電動スポーツバイク「EGO / EGO +」を発表しました。

Moto-eで活躍する「エネルジカ」の最新モデルが登場

 イタリアの電動バイクメーカー「energica(エネルジカ)」は、2019年11月5日から10日にかけて開催されたバイクの見本市「EICMA2019」で新型の電動スポーツバイク「EGO / EGO +(エゴ/エゴ・プラス)」を発表しました。

イタリアの電動バイクメーカー「エネルジカ」の最新電動スポーツバイク「EGO +」(カーボンキット装着車)

 電動バイクのみを手掛けるエネルジカは、2019年に新設された電動バイクレース「FIM Enel MotoE World Cup」を走るレーシングバイク「Energica Ego Corsa」(最大160HP・最高速270km/h)を手掛けることでも知られるメーカーです。

 今回発表された「EGO / EGO +」は、「Energica Ego Corsa」で培った技術を投影したモデルで、107Kwのモーターを搭載することで最高出力145HP、最高速は240km/hを発揮します。

 航続距離においては、13.4kwhのバッテリーを積んだベースグレード「EGO」が最高200km(街乗りと高速の複合では120km)、21.5kwhバッテリー仕様の「EGO +」では最大400km(複合では230km)と長い距離を走ることが可能となっています。

イタリアの電動バイクメーカー「エネルジカ」の最新電動スポーツバイク「EGO +」。21.55kwhのバッテリーを搭載することで最大400kmを走ることが可能です

 また、充電時間は「DC Fast Charge Mode 4」を使えば40分で80%まで回復可能と、かなり実用的な仕様とされています。

 日本ではエネルジカとパートンバーシップを結ぶ株式会社エスターが販売を計画していますが、最新の電動スポーツバイクがどのような走りを見せるのか、期待が高まります。

【了】

【画像】エネルジカの最新電動バイク「EGO+」

画像ギャラリー

最新記事