本田宗一郎のマン島出場宣言から5年で参戦、ホンダTTレーサー「RC142」とは?

ホンダのロードレース世界選手権マン島TTレース出場は「RC142」と「RC141」から始まりました。RC142を託された3名の日本人レーサーは、見事その大役を果たします。

マン島TTレース初出場、日本人初入賞、初メーカーチーム賞

 ホンダはロードレース世界選手権(WGP) マン島TTレースに、1959年6月3日に初出場します。RC142は、マン島TTレース参戦のために開発されたワークスマシンです。エンジンは、空冷4ストロークDOHC4バルブ2気筒、総排気量125ccのエンジンを搭載。

復元されたRC142(1959年FIMロードレース世界選手権マン島TTレース出場モデル)

 マン島TTレースでは、ホンダスピードクラブから選出された、3名の選手にRC142が託されます。結果は、谷口尚巳選手の6位が最上位、鈴木義一選手7位、鈴木義一選手11位で完走しました。また、初出場でメーカーチーム賞も獲得、谷口選手も日本人初のWGP入賞ライダーとなりました。本田宗一郎のマン島出場宣言から5年、日本メーカーとしてマン島TTレースに初参戦し公約を果たします。

 ホンダのマン島TTレース初勝利は、1961年マイク・ヘルウッド選手によって初優勝を飾ります。

ホンダ「RC142」に乗る谷口尚巳選手

■Honda RC142諸元

全長×全幅×全高:1.874m×0.650m×0.930m
乾燥重量:87kg
エンジン形式: 空冷4ストロークDOHC 4バルブ 2気筒
総排気量:124.6cc
最高出力:18ps/13000rpm
変速機形式:常時噛合式6段

【了】

ホンダ「RC142」の画像を見る

画像ギャラリー

最新記事