カワサキ「Z125 PRO」で新国立競技場散策! ちっちゃいマニュアル車は狭い道でもストレスフリー!?

カワサキ「Z125 PRO」は、124ccのエンジンを搭載した「Zシリーズ」で一番小さいモデルです。125ccモデル初体験の女優、小野木里奈さんはZ125 PROでの新国立競技場散策、試乗でどのようなことを感じたのでしょうか。

初めて体験する125ccのマニュアル車

 2020年はいよいよ東京オリンピックが開幕されます! その開会式や各種競技の舞台となる新国立競技場へカワサキ「Z125 PRO」で行ってみました。

125ccモデル初体験の小野木里奈さんとカワサキ「Z125 PRO」

 実は私(小野木里奈)にとって、125ccクラスのバイクは初体験です。個人的には125ccと聞くと小型スクーターのイメージが強かったため、まさか初めて乗る125ccがマニュアル車になるとは思ってもいませんでした。

 Z125の外観はカワサキ「Z」シリーズをそのまま二回りくらい小さくした感じで、自転車のようなサイズ感です。250ccクラスのモデルでも大型車とあまり変わらないサイズに感じる車両もあるように思いますが、125ccになった途端にここまで見た目の大きさに違いが出てくることに驚きました。

 私は大型免許を取得した時、大きなかっこいいバイクに乗りたいという欲があったので、125ccのバイクは正直、選択肢として視野には入れていませんでした。そして、実は街中でこのタイプのバイクを見つけても、「どうしてわざわざ小さいマニュアル車に乗るのだろう」と疑問を感じていました。個人的にそんなイメージを抱いていたっマニュアルの125ccモデルはいったいどのような乗り味なのでしょうか。さっそく体験してみました。

“重さのある自転車”感覚で取り回しも楽々!

 まず、サイズが小さいおかげでとにかく車重が軽く、初心者の女性ライダーにとって苦手なシチュエーションともいえる取り回しがすごく楽です。日常的に使うならガレージなどから道路に出すときは自分の力で行わなければならないですし、私自身も運転前のこの動作でバイクを倒してしまわないか、なんだかんだ一番心配かもしれません。もちろんこれは運転後も同様に、です。

カワサキ「Z125 PRO」に乗る小野木里奈さん

 ただ、Z125 PROは女性でも楽に扱える重さですし、車体も小さいおかげで“重さのある自転車”感覚で駐車スペースから出し入れできます。ここは初心者ライダーにとって重要なポイントですよね。

 また、これまで試乗してきたバイクに比べて二回り以上小さいので、運転姿勢に違和感が出ないか心配でしたが、それが不思議と全く感じません。また、スクーターとは違いタンクも足で挟めるため、バランスも取りやすいです。

 いざ走り出すと、排気量は小さくてもスタート時にストレスを感じることはなく、スムーズに発進できました。さらに、いつも試乗で通るカーブを走った時に実感しましたが、Z125 PROはとても小回りが効きます。

 そのため、これまでストレスを感じていた狭くて細い道でも、Z125 PROのように曲がりやすいバイクであれば楽しくなるかもしれません。

 最初は小さいバイクに乗るメリットがあるのかな? と疑問に感じていましたが、実際に乗ってみると、複雑で道の狭い都心を走るにはぴったりのバイクだということがわかりました。

探索にピッタリなZ125Proと共に完成したばかりの新国立競技場へ!

 そんなふうにZ125の運転を楽しみながら、2019年11月末に完成した新国立競技場に行ってみました。最近、プライベートでイタリアに行ってきたのですが、新しい競技場はローマのコロッセオに似た印象と近未来を連想させる外観デザイン、そして迫力を感じます。

カワサキ「Z125 PRO」で新国立競技場を目指した小野木里奈さん

 最寄り駅の千駄ヶ谷駅なども工事が進んでいて、本当に東京でオリンピックが開催されるんだな、とワクワクしますよね。私はスポーツも好きなので、自分が生きているうちに自分の国でオリンピックが開催されるということが本当に楽しみで仕方ありません。

 国立競技場を見学したあとは千駄ヶ谷方と北参道の中間あたりにある人気のソフトクリーム屋さん『LAITIEA(レティエ)』へ。駅からだと少し歩きますが、バイクでしたら問題ありません! また、こちらのお店はソフトクリームの印象が強いのですが、ランチメニューも絶品。そして本命のソフトクリームは甘さ控えめで、おいしい牛乳の自然な甘さを感じることができます! ツーリングの休憩時間にこちらのデザートで糖分補給するのもいいですよね。

カワサキ「Z125 PRO」で人気のソフトクリーム屋さん『LAITIEA(レティエ)』を訪れた小野木里奈さん

 また、嬉しいことに店長さんはバイク好きとのことで、店舗前のちょっとしたスペースにバイクを置かせていただきました。こうした際にも125ccクラスの取り回しのしやすさは嬉しいですね!

 2020年は東京オリンピックも開催されるため、世界中から日本に人が集まり、交通状況にも少なからず影響は出てくるはずです。今年もまた気持ちを改めて安全運転でバイクの楽しさを皆さんに発信していきます。

【了】

小野木里奈さんとカワサキ「Z125 PRO」の画像を見る

画像ギャラリー

最新記事