ホンダワークスSBKに復活 Team HRC新型CBR1000RR-R Fireblade SPとチーム体制を発表

18年ぶりにワークスチームとしてSBKに参戦するホンダは、チャンピオンシップ、CBR1000RR-R Fireblade SP、チームライダーの計画について発表しました。

SBKにワークスチームで参戦のホンダ

 ホンダは、Hondaウエルカムプラザ青山にて、2020年FIMスーパーバイク世界選手権・HRCワークスチーム「Team HRC」のチームローンチが行われました。ライブ配信で世界中に発信された今回のメディア向けローンチイベントは、チームライダーのアルバロ・バウティスタ選手とレオン・ハスラム選手の手によりCBR1000RR-R Fireblade SPマシンカラーリングが初めて披露されました。オーストラリアのフィリップアイランドで開催される2020年スーパーバイク世界選手権開幕戦で新型CBR1000RR-R Fireblade SPは、レースデビューを果たします。

 ホンダは、18年ぶりにワークスチームとしてSBKに参戦するにあたり、チャンピオンシップ、CBR1000RR-R Fireblade SP、チームライダーの計画について発表されました。

 ホンダ・レーシング野村欣滋代表取締役社長は、「1982年以来、HRCは全てのモータースポーツのトップカテゴリーに参戦してまいりました。スーパーバイク世界選手権に今年からまたワークスチームとして、CBR1000RR-R Fireblade SPでチャレンジすることを、非常に誇りに感じています。

 HRCが参戦する各カテゴリーには、それぞれテクニカルなチャレンジがあり、エンジニアの経験アップや成長につながっています。そういった目的のためにも、スーパーバイク世界選手権はホンダのロードバイクを極めてシビアなレギュレーションの中で開発していく最良の舞台だと考えています。最終的なゴールはもちろん優勝することですが、これが簡単ではないことは分かっています。そのため、MotoGPとダカールチームと同じバルセロナの本拠地に、ベストな技術者を揃えたチームを新たに結成しました。

 ワークスチーム・ライダーのバウティスタ選手、ハスラム選手はともに豊富な経験とスピードを兼ね備えたライダーです。今年もMIE Racing Althea Honda Teamは、HRCワークスライダーの高橋 巧選手とともにサテライトチームとして参戦します。来週末にオーストラリアで開幕を迎えるスーパーバイク世界選手権での、Team HRC、そしてMIE Racing Althea Honda Teamの健闘を祈ります」と語りました。

 次に、チーム監督のジャウメ・コロン氏が登場し、バウティスタ選手とハスラム選手を紹介。チームライダー両名とも、新たなプロジェクト、新たなチームでTeam HRCが取り組むチャレンジに意欲、そして自信を見せています。

Team HRC アルバロ・バウティスタ選手

 アルバロ・バウティスタ選手は、「ホンダとHRCにとって重要なこのプロジェクトに参加できることを、大変嬉しく思います。ホンダやチームがこのプロジェクトに取り組む様子からは、非常にポジティブなエネルギーが伝わってきます。自分にとっても重要なことです。大きなチャレンジだと認識していますし、さまざまな難関があることも分かっています。我々は、少しでも早くトップの座にたどり着けるように、一緒に成長している新たなチームです。Hondaの戦闘力が高く、間違いなくトップを狙えるマシンで、強く、早く走ることがゴールです。ファンにとっても、自分にとっても楽しいシーズンになることを期待しています」

Team HRC レオン・ハスラム選手

 レオン・ハスラム選手は、「今回、東京に来て、何もかもがリアルに感じています。ホンダの本社に来て、開幕戦はすぐそこに迫っています。夢がカタチになったようです。結果を出したいし、それが実現できるマシンだからこそ、自分は非常にエキサイトしていて、なおかつ少しナーバスな気持ちです。ベストを尽くし、いい結果を出す準備はできています。開幕戦のフィリップアイランドは過去にいい結果を出した、相性のいいコースです。もちろん、ライバルがどう出るかはその時にならないと何とも言えませんが、非常に楽しみです」

 サテライトチーム「MIE Racing Althea Honda Team」は、チーム代表の森脇緑氏とHRCワークスライダーの高橋巧選手が登壇しました。

MIE Racing Althea Honda Team代表 森脇緑氏と高橋巧選手

 高橋巧選手は、「今年、スーパーバイク世界選手権に参戦することを大変嬉しく思います。世界でレースすることは、ずっと昔からの夢で、それがこのフル参戦でかなえられました。HRC、ホンダとMIE Racingにこの機会を与えていただき、感謝しています。国際的なチームと一緒に仕事をするのは初めてですが、ここまではコミュニケーションもスムーズで、完全に同じゴールを共有していることが分かりました。これから大変で、チャレンジングなシーズンになりますが、自分のモチベーションとしては、どこまで行けるか非常に楽しみです。とにかく最高レベルに行けるよう、最高のライディングを目指します」と語りました。

※ ※ ※

 Hondaウエルカムプラザ青山でのローンチイベントを終え、両チームはこれからオーストラリアに移動し、2日間にわたる最終テストに参加、2月27・28日にフィリップアイランドで行われる2020年スーパーバイク世界選手権開幕戦に挑みます。

【了】

【画像】ホンダの発表したワークスチームと最新マシンを見る(9枚)

画像ギャラリー

最新記事