鈴鹿8耐2連覇を目指す川崎重工のファクトリーチーム「Kawasaki Racing Team Suzuka 8H」始動!

2019年の鈴鹿8時間耐久ロードレースで26年ぶりに2度目の優勝を果たした川崎重工のファクトリーチーム「Kawasaki Racing Team Suzuka 8H」は、8耐2連覇を目指し、参戦発表を行いました。

鈴鹿8時間耐久ロードレース連覇を目指すカワサキファクトリーチーム

 カワサキは、2019年の鈴鹿8時間耐久ロードレースで26年ぶりに2度目の優勝を果たした川崎重工のファクトリーレースチーム「Kawasaki Racing Team Suzuka 8H」が2連覇を目指し、2020年も参戦すると発表されました。ルマン24時間耐久も新型コロナウィルスの影響で9月に延期され、鈴鹿8時間耐久ロードレース第43回大会の開催についても影響が気になりますが、カワサキとして初となる連覇を目指しての参戦となります。

第42回鈴鹿8時間耐久ロードレースに参戦したジョナサン・レイ選手

 ライダーは、2019年大会でエースライダーとして優勝に大きく貢献し、またスーパーバイク世界選手権(以下、SBK)で前人未到の5連覇を達成したジョナサン・レイ選手、2020年シーズンよりジョナサン・レイ選手のチームメイトとしてSBKに参戦中で鈴鹿8耐優勝経験もあるアレックス・ロウズ選手、同じくSBK参戦中で経験豊富なベテラン、シャビ・フォレス選手の3人で参戦します。マシンは、Ninja ZX-10RR(鈴鹿8耐仕様)です。

Kawasaki Racing Team Suzuka 8H参戦ライダーコメント

 ■ジョナサン・レイ選手

Kawasaki Racing Team Suzuka 8H ジョナサン・レイ選手

 まずは今猛威をふるう新型コロナウィルスについて、世界中の皆さんの健康をお祈り致します。今は皆さんの安全が第一ですが、エキサイティングなニュースもお届けできて嬉しく思います。8耐は私にとって大きなモチベーションであり、また参戦できることを大変喜ばしく思います。肉体的にも精神的にも非常にタフなレースですが、昨年に続き今年もまた勝ちたいと強く思います。今年もチーム一丸となって連覇を目指します。8耐で皆さんに会えるのを楽しみにしています。

 ■アレックス・ロウズ選手

Kawasaki Racing Team Suzuka 8H アレックス・ロウズ選手

 新型コロナウイルスにより私たちは深刻な事態に直面しています。私たちは一致団結しお互いを支え合い、家族や恋人をサポートし、この困難な状況を一緒に乗り越えていく必要があると考えています。他方で、8耐参戦という明るいニュースをお伝えできて嬉しく思います。昨年素晴らしい仕事をして勝利を収めたチームに加わって連覇に挑戦できることを楽しみにしています。鈴鹿をNinja ZX-10RRで走るのは初めてですが、日本のファンの応援を受けながら走るのは大変楽しみですし、その応援が力になると思います。連覇に向けて全力を尽くしますので、皆さん応援よろしくお願いします。

 ■シャビ・フォレス選手

Kawasaki Racing Team Suzuka 8H シャビ・フォレス選手

 新型コロナウイルスのために大変な状況が続いていますが、一刻も早く日常を取り戻せるよう最善を尽くしましょう。8耐についてですが、昨年優勝した素晴らしいチームでジョナサン、アレックスと共に参戦できることを非常に嬉しく思います。カワサキにとって連覇をかけた重要なレースですし、私にとっても楽しみな挑戦です。連覇に向けて皆さんの応援を心待ちにしています。

【了】

【画像】Kawasaki Racing Team Suzuka 8Hを見る(10枚)

画像ギャラリー

最新記事