新型コロナと戦うボランティアにスクーターを供給 イギリスのホンダディーラー「MAIDSTONE HONDA」

イギリスのホンダ・ディーラー「MAIDSTONE HONDA」は新型コロナウイルスと戦うボランティアに20台のスクーターを寄付しました。ホンダUKオートバイ部門責任者ニール・フレッチャー氏もこの行動について「全面的に支持すると」コメントしています

広い収納スペースと機敏な走りで医療品の輸送を支援

 イギリス・ロンドンの南東51kmに位置するMAIDSTONE(メードストン)のホンダ・ディーラー「MAIDSTONE HONDA」は新型コロナウイルスと戦うボランティアにスクーターモデル「PCX」を20台供給しました。

イギリスのホンダ・ディーラー「MAIDSTONE HONDA」がボランティアスタッフに供給した「PCX」

 現在、イギリスではボリス・ジョンソン首相を含む5万5000人(出典:米国ジョンズ・ホプキンズ大学システム科学工学センター/4月8日現在)以上の新型コロナ感染者が確認されていますが、そうした患者を救うため、国民保健サービス(NHS)はボランティアスタッフを募集。75万人もの人々が登録しているといいます。

 スリムなフォルム、機敏な動き、シート下の広い収納スペースのおかげで、PCXは都市環境での宅配便業者のデフォルトの選択となることが多いといいますが、そのため処方箋の実行とNHSサービスとサイト間の医療品の輸送を支援する任務を負っている地域対応ボランティア、NHS輸送ボランティアにとって、完璧で乗りやすいパートナーとなることが予想されています。
 
 また、MAIDSTONE HONDAでは「ケント地域で二輪車輸送の支援を必要としているNHSボランティアの方は、電話またはメードストーン・ホンダのウェブサイトからご連絡ください」と引き続き支援する意思を示しています。
 
 今回の発表に際し、ホンダUKのオートバイ部門責任者ニール・フレッチャー氏とMAIDSTONE HONDAのゼネラルマネージャーであるハリー・ピアース氏は次のようにコメントしています。

■ホンダUK オートバイ部門責任者ニール・フレッチャー氏
「英国では75万人もの人々がNHSボランティア・レスポンダーズに登録されていますが、私はMaidstone Hondaが定休日であるにもかかわらず、この困難な時期にその役割を果たしていることを嬉しく思います。

 我々は、リスクの高い人々が必要な物資を確実に受け取ることができるよう、地域社会において極めて重要な輸送能力を高めるためにスクーターを供給するという彼らの決定を全面的に支持します」。

■MAIDSTONE HONDAゼネラルマネージャー ハリー・ピアース氏
「2013年から地域社会の一員として誇りを持って活動しています。12週間は家から出ないようにと言われたハイリスクの人たちは、食料品を買ったり、処方箋を受け取ったりすることができないので、ボランティアに頼っています。

 このようなボランティアの方々が、このPCX群を動員してくれることを望んでいます。これは、私たちができる最低限のことであり、大きな効果をもたらすことを願っています」。

【了】

【画像】イギリスのボランティアスタッフに供給されたホンダ「PCX」を見る

画像ギャラリー

最新記事