ホンダ、新型コロナウイルス感染防止にむけた支援活動を発表

ホンダは、新型コロナウイルス感染防止にむけた支援活動として、4月13日に港区・渋谷区へ「感染者を搬送するための車両(仕立て車)」を提供しました。

医療現場で求められているフェイスシールドの生産を開始

 ホンダは、新型コロナウイルスの影響で二輪、四輪国内工場の生産休止を行っています。熊本製作所にある二輪完成車ラインは、欧州の販売減に伴う生産調整として、4/13~4/14(2稼働日)の期間、生産休止しています。熊本製作所では、新型CBR1000RR-R FIREBLADEやスーパーカブ、蓄電器などが生産されています。

感染者搬送車両(仕立て車)

 さらに、新型コロナウイルス感染防止にむけた支援活動として、4月13日に、港区・渋谷区へ「感染者を搬送するための車両(仕立て車)」をホンダは提供しました。車両には、ODYSSEY/STEP WGN等搬送時の感染リスクを削減するため、運転席と後部座席に仕切りを設置。前後席間の圧力差を利用して、飛沫感染を抑制する構造に仕立てています。生産は、埼玉製作所(狭山工場)を皮切りに、国内事業所で予定されています。

感染者搬送車両(仕立て車)車両イメージ

 今後は都内等、まずは感染者の多いエリアから納車を予定し、2020年5月末までに、医療現場でのニーズが高い「フェイスシールドの生産」を開始します。人工呼吸器についても、生産支援を視野に引続き検討しています。

 また、医療現場のニーズが高いフェイスシールドを、2020年5月末までに、ものづくりセンター栃木、鈴鹿などの国内事業所にて生産し、医療現場への無償提供を実施予定です。

 新型コロナウィルスの国内感染者は、4月13日時点で7255人確認されています。政府からの緊急事態宣言の発出を受け、国民には最低7割、極力8割、人と人との接触を削減するとの目標が打ち出され、在宅での勤務や不要不急の外出を自粛するようにと都府県に要請されています。

【了】

【画像】コロナウイルス感染防止へ! ホンダの支援活動を見る

画像ギャラリー

最新記事