AMAスーパークロス第14戦、KTMのC・ウェブ選手が強さを見せレースを制す!

前戦から数日後に開催されたAMAスーパークロス第14戦は、Red Bull KTMのクーパー・ウェブ選手が2位以下を大きく引き離しレースを制しました。

華麗な走りでレースを制したC・ウェブ選手

 AMAスーパークロスも残り3戦となった第14戦は、終始安定した走りを見せたRed Bull KTMクーパー・ウェブ選手がフィニッシュ時に華麗なパンケーキを披露し、チャッカーを受けています。

Red Bull KTMクーパー・ウェブ選手が第14戦優勝

 ヒート1では、C・ウェブ選手とTeam Honda HRCケン・ロクスン選手がラストラップまで激しい争いを見せましたが、C・ウェブ選手が逃げ切りヒート優勝を飾りました。

 ヒート2のゲートが下りると、E・トマック選手は3番手でゲートを飛び出し、3周目には2位に浮上。残り2周となったところでトップグループをパスしてフィニッシュラインを通過し、ヒート優勝を果たした。

 450SXのメインイベントでは、スタート直後から後続に埋もれてしまうポイントリーダーのE・トマック選手でしたが、落ち着いてライダーを次々に追い上げ、レース中盤には5位まで順位を上げます。それ以上の追い上げはできなかった。他のライダーが限界に達したかと思われたところで、E・トマック選手はその後も追い上げを続け、残り2周までにほとんどのライダーをパスして3位でゴールしています。

 E・トマック選手は、第14戦で3位に表彰台を獲得し、KX450にポイントを追加、ポイントトップのレッドプレートを引き続き獲得しました。また、C・ウェブ選手は、K・ロクスン選手を総合ポイントで追い越し、ランキング2位になりました。

■Monster Energy Kawasakiイーライ・トマック選手(3位・総合ランキング首位)

Monster Energy Kawasakiイーライ・トマック選手

 スタートで埋もれてしまったので、何とか挽回しなければならなかった。このクラスの速いライダーたちに追いつくことは難しいので、もっとスタートを良くしていかなければならない。表彰台を狙えるかどうかは分からなかったけれど、ただひたすら走り続けた。3位という結果に満足しているし、チャンピオンシップに向けてポイントを獲得できたことも嬉しい。これからも集中して、次のレースに向けて準備をしていきたい。

■Team Honda HRC ケン・ロクスン選手(5位・総合ランキング3位)

Team Honda HRC ケン・ロクスン選手

 タフなレースの後、2日間かけてすべてを立て直そうとしていたが、今日はより多くの戦いができたし、フィーリングも良くなった。ヒートでは良いレースができたし、少なくともレースの一部では戦いを続けることができた。まだ100%の状態ではないが、2日間ではすべてを揃えるのに十分ではないです。でも、前回よりはずっと良くなっています。スピードもあるし、スタートも良かった。これからは体の調子を整えていかなければならないし、コンスタントにトップに立てると思う。

【了】

【画像】AMAスーパークロス第14戦を画像で見る(7枚)

画像ギャラリー

最新記事