トライアンフモーターサイクルズジャパン年間2000台以上の登録台数は過去最高 要因のひとつは販売店網の拡充

トライアンフモーターサイクルズジャパンは、2020年6月に過去最高となる438台の月間登録台数を記録し、また会計年度の登録記録も大幅に更新したことを発表しました。

新型コロナウイルス感染拡大による影響からの回復

 トライアンフモーターサイクルズジャパン(以下、トライアンフ)は、これまで6月度として過去最高登録記録であった昨年比138%となる、438台の月間登録台数を達成したことを発表しました(JAIA集計)。

映画にも度々登場するトライアンフ。写真は新店舗「トライアンフ茅ケ崎」グランドオープンに合わせて取り寄せた「007」シリーズ第25作目『No Time To Die』の劇中で使用された「Scrambler 1200 XE」カスタム

 トライアンフの会計年度は7月から翌年の6月までとなっており、2020年6月度の大幅伸長もあり、2020年度の年間登録台数は会計年度として初めて2000台を超え、昨年比108%となる2062台となりました。

 記録更新の要因についてトライアンフでは、近年「ブランド認知の向上」「新製品攻勢」「販売店網の向上」といった3つの戦略方針に取り組んでおり、2020年度はとくに「販売店網の向上」が目覚ましい結果を上げていると言います。

 トライアンフ正規販売店では、2020年度の厳しい環境下においても顧客の移動手段を守るべく営業を継続しています。また、新店舗「トライアンフ熊本」「トライアンフ東京ベイ」をオープンしており、これが登録台数拡大の原動力となっています。

 2020年7月より始まる、会計年度2021年においても、すでに7月には神奈川県茅ケ崎市に「トライアンフ茅ケ崎」がグランドオープンしたほか、9月には沖縄県浦添市に「トライアンフ沖縄」がオープンを予定しているなど、「販売店網の向上」によりさらなる登録台数の伸長が期待されています。

2020年7月11日(土)にグランドオープンした新店舗「トライアンフ茅ケ崎」

 2020年度は新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言や、それに伴う外出自粛の影響により、とくに5月度に営業実績への影響が発生したものの、正規販売店による感染拡大防止対策や業績回復に努めた結果、影響を最小限に抑えられた上、自粛解除後の6月度には受注数が大幅増に転じ、これまでの落ち込みを大きく上回るV字回復を達成することが出来たとしています。

※ ※ ※

 トライアンフのバイクは以前から映画などにも多く見られます。2020年11月20日に公開が予定されているスパイ映画「007」シリーズ第25作目『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』にも「Scrambler 1200 XE」が登場し、劇中で使用された車輌が「トライアンフ茅ケ崎」で展示されました。なにかと話題性もあるブランドが、今後日本でどのように展開していくのか、注目したいところです。

【了】

【画像】ブランドの世界観を正規販売店で表現(10枚)

画像ギャラリー

最新記事