Niu「NQi GTS Sport」米国で発売 最新電動バイクが米国市場に導入

日本では複数の電動バイクを扱う「XEAM(ジーム)」が取り扱う中国のNiu Technologies社の最新電動モデル「NQi GTS Sport」が米国市場に導入されました。どのような特徴があるのでしょうか。

信頼性の高いBOSH製モーターを搭載

 日本では複数の電動バイクを扱う「XEAM(ジーム)」が取り扱う中国のNiu Technologies社の最新電動モデル「NQi GTS Sport」が米国市場に導入されました。

米国市場に導入されたNiu Technologies社の電動バイク「NQi GTS Sport」

 東京モーターショー2019で初披露された「NQi GT」の上位グレードに位置する「NQi GTS Sport」は、中国のNiu Technologies社が製造する「NIU」シリーズの最新モデルで、パナソニック製リチウムイオンバッテリーと3000kwを発揮するBOSH製モーターを搭載することで最高速70km/h、一回の充電で80~100kmの走行を可能にしたモデルです。

 アップデートされた「NQi」シリーズプラットフォームを採用するNQi GTS Sportでは、14インチのホイールを採用することで凹凸の多い路面でも安定した走行を実現。サスペンションのアップグレードすることで走行安定性を高めています。

 そのほか、オートクルーズやウインカーのオートキャンセラー、回生ブレーキなども備わったNQi GTS Sportの米国での価格は3799ドル(日本円で約40万円)となっていますが、参考までに日本のジームが取り扱う1000kw仕様の「NQi GT」の価格(税別)は39万8000円となっています。

【了】

【画像】Niu Technologies「NQi GTS Sport」の画像を見る(5枚)

画像ギャラリー

最新記事