ヤマハ「PW50」2021年モデル登場 39年続くロングセラー・キッズ向けファンバイク

ヤマハはキッズ向けファンバイク「PW50」の2021年モデルを発売します。新型モデルでは上級オフロードレーサー「YZシリーズ」の2021年モデルと共通コンセプトの最新カラー&グラフィックが採用されています。

39年間、伝統を守り続ける「PW50」

 ヤマハはキッズ向けファンバイク「PW50」の2021年モデルを2020年10月30日に発売します。

ヤマハのキッズ向けファンバイク「PW50」2021年モデル

 体重25kgい化の子供むけオフロード入門モデルであるPW50は、初代から39年続くロングセラーモデルです。

 排気量49ccの空冷2ストローク単気筒エンジンを搭載するPW50は、車両重量は41kgと軽量で、始動はシンプルなキック式、燃料タンク容量は2Lという仕様になっています。

 2021年モデルとなる新型では、上級オフロードレーサー「YZシリーズ」の2021年モデルと共通コンセプトの最新カラー&グラフィックを採用。

 従来モデル同様、スロットルを回すだけの簡単操作で走るオートマチックエンジン、大人が片手で後輪を持ち上げられるほど軽量で小柄な車体、チェーンではなくシャフトドライブを採用することで、子どもへの安全面も考慮されています。

 そのほか、自転車同様に左右レバー式の前後ブレーキを備えた「PW50」2021年モデルの価格(消費税込)は17万6000円で国内計画販売台数は40台です。

【了】

【画像】ヤマハ「PW50」2020年と2021年モデルを画像で比較(8枚)

画像ギャラリー

最新記事