ホンダ「CBR600RR」新型価格は160万6000円 MotoGPマシン由来のウイングも装備

ホンダの新型「CBR600RR」は、排気量599ccの直列4気筒エンジンを搭載するミドルクラスのスーパースポーツモデルです。公式サイト先行発表に続き、価格と発売日が正式に発表されました。

レースで勝つための性能を600ccクラスに投入

 ホンダは、最新のスーパースポーツモデル「CBR600RR」(2020年型)を、2020年9月25日よりHonda Dreamにて発売することを発表しました。価格(消費税10%込み)は160万6000円です。

ホンダ「CBR600RR」(2020年型)

 ホンダのスーパースポーツモデルとしては、排気量999ccの直列4気筒エンジンを搭載する「CBR1000RR-R FIREBLADE」(価格242万円・税込から)がトップエンドとして唯一ラインナップしていましたが、「CBR600RR」の登場により、2016年以来不在となっていたホンダのミドルクラススーパースポーツが復活したことになります(レースベース車を除く)。

「CBR600RR」(2020年型)は、最高出力89kW/14000rpm、最大トルク64N・m/11500rpmを発揮するパワーユニットに、最新の電子制御技術や空力性能技術を採用するなど、総合性能を高めつつも扱いやすく、“操る喜び”をより追求したとしています。

 もはやスーパースポーツマシンの代名詞的装備とも言える、左右のフロントカウル前方側面に見られるウイングレットの装備により、効果的にダウンフォースを発生させ、コーナーへの進入時や加速旋回における安定感をより高めています。

 新型「CBR600RR」の販売計画台数(国内・年間)は1000台、カラーリングは「グランプリレッド」のみの設定です。

【了】

【画像】こんなにあったの!? ホンダ「CBR600RR」歴代画像(13枚)

画像ギャラリー

最新記事