ヤマハの水平対向エンジンを搭載した「Fazer R」タイで農薬散布サービス開始!

ヤマハ発動機の産業用無人ヘリコプターハイエンドモデル「Fazer R」は、今後20年間での先進国入りを目標としているタイにおいて、農薬散布サービスを開始しました。「Fazer R」は、無人ヘリによる効率的な農薬散布と、同国初となる作物の糖度向上散布の開発に貢献しています。

農業発展に貢献するヤマハの産業用無人ヘリ

 ヤマハ発動機の海外グループ会社Thai Yamaha Motor Co.,Ltd.などが出資するサイアム・ヤマハ・モーター・ロボテティクスは、2020年8月に産業用無人ヘリを用い、タイでの農薬散布サービスを開始します。

タイで農薬散布サービスを開始したヤマハ

 害虫による農作物への世界的な被害が拡大する中、タイでも害虫駆除強化の必要性が高まっています。また、一年を通し、除草や防除、成長促進剤や糖度向上剤の投与が必要なサトウキビやとうもろこしの作付面積の増加政策が推進されるなど、栽培作業の効率化や農薬散布のニーズがタイでは高まっています。新会社は、これらのニーズに対して、ヤマハ産業FAZER R活用、農薬散布を請け負います。

 タイ政府は、産業の高度化を目指す「タイランド4.0」を掲げ、経済社会のデジタル化による付加価値創造社会への移行を実現し、今後20年間での先進国入りを目標としています。また、先進技術、デジタル技術を通じ「生産性の向上」を促進するために、農業分野、自動車産業分野などの中核産業への投資の呼び込みを推進。特に、現地労働力の約4割を占めるとされる「農業セグメント」の効率化は必須であり、ヤマハは世界第4位の「サトウキビ生産国」であるタイにおいて、無人ヘリによる効率的な農薬散布と、同国初となる作物の糖度向上散布の開発に、タイ農業局、サトウキビ砂糖委員会、製糖会社、農薬メーカーなどと共同で取り組んでいます。新会社は、これら蓄積されたノウハウに基づく、農薬、肥料等の空中散布を行い、農作業の効率化と新たな付加価値創造により、タイの農業発展に貢献しています。

人の身長よりも成長するサトウキビ

 サトウキビは、特有の生育の難しさがあり、無人ヘリを利用した農薬散布は有効な手段です。例えば、サトウキビが一定の高さに達してしまうと、肥料とホルモン剤を散布しても、品質と重量を上げることが困難とされています。また、熟成剤の散布は収穫前の一定の時間内に迅速に終了する必要があるとされており、サトウキビ特有の生育状況に対して、ヤマハの無人ヘリを使用することにより、生産性の向上が期待されています。

 日本国内でヤマハは無人ヘリを通じて、水稲を中心とした30年以上の農薬散布機事業の展開や、火山の噴火や土砂崩れなどの災害現場の観測、山間部の送電線鉄塔のメンテナンス資材の運搬など、空からのソリューション提供を続けています。また近年は衛星写真の解析を通じた効果的な農薬散布を目的としたスマートファーミングの開発も行っています。

ヤマハの水平対向エンジンを搭載した「Fazer R」

 農薬散布サービスに使用する水平対向エンジンを搭載した「Fazer R」は、防除作業や肥料・除草剤の散布等で活躍する、産業用無人ヘリコプターのハイエンドモデルです。薬剤の搭載能力はクラス最大の32リッター。薬剤F・燃料無補給で4ヘクタールの散布が可能です。また、GPSとジャイロで速度と距離を計算し、一定の散布間隔でのターンや等間隔での飛行ライン・速度を維持するターンアシスト機能を標準装備しています。

【了】

【画像】タイで農薬散布サービスを開始したヤマハの画像を見る(6枚)

画像ギャラリー

最新記事