カワサキ「Z900RSカフェ」2021年モデル登場 楽器のようなサンバースト調ペイントでネオレトロ感を強調

カワサキはZ900RSと共に高い支持を得ている「Z900RSカフェ」の2021年モデルを発売します。新型モデルではクラシカルなイメージを強調する新しいボディカラーが採用されました。

上品さを感じさせる新色を採用

 カワサキは「Z900RS」と共に高い支持を得ている「Z900RS CAFE(カフェ)」の2021年モデルを発売します。

カワサキ「Z900RSCAFE(カフェ)」2021年モデル(エボニー)

 ヘッドライト部に小ぶりなフェアリングを備えることでカフェレーサー的なスタイルとされたZ900RSカフェは、かつてカワサキが販売し、絶大な人気を誇った「900 Super 4」(通称:Z1)からインスピレーションを受けたティアドロップ型フューエルタンクやエンジンカバー、テールカウルなどを採用したモデルで、ボルト類に至るまで随所にこだわりが盛り込まれています。

 カワサキ伝統の並列4気筒948ccエンジンを搭載したZ900RSカフェの2021年モデルでは、アコースティックギターなどに見られる「サンバースト」を連想させる上質なボディカラーを採用。

 ホイールのリムに同系色のストライプをあしらうことで統一感が高められています。

 2020年モデルとは異なり、一色のみのカラーバリエーションとなったカワサキ「Z900RSカフェ」2021年モデルの価格(消費税込)は138万6000円です。

【了】

【画像】カワサキ「Z900RSCAFE(カフェ)」の画像を見る(9枚)

画像ギャラリー

最新記事