ヤマハ発動機、グループ会社MM社の全株式をファンティック社に譲渡!

ヤマハモーターヨーロッパは、二輪車エンジンの製造を行うグループ会社MM社の全発行株式をファンティック社に譲渡することについて欧州労使協議会に協議を申し入れました。株式の譲渡は年内に終了予定です。

ヤマハ発動機、イタリアのファンティック社との業務提携を加速!

 ヤマハ発動機の子会社で、欧州での製品販売を行う「Yamaha Motor Europe N.V.(ヤマハモーターヨーロッパ、以下YME)」は、10月7日(現地時間)、イタリア・ボローニャで二輪車エンジンの製造を行うグループ会社「Motori Minarelli S.P.A.(モトーリ・ミナレリ、以下MM社)」の全ての発行済株式を、業務提携を進めている「Fantic Motor S.P.A.(ファンティックモーター、以下ファンティック社)」へ譲渡することについて、EWC(欧州労使協議会)に協議を申し入れMM社の地域労使協議会への通知を行いました。

業務提携を進めているヤマハ発動機とファンティック社

 譲渡先のファンティック社は、イタリアでキャバレロやラリーなどの二輪車やISSIMO(イッシモ)など電動自転車の製造・販売を行っており、MM社も長期的なビジネスパートナーです。今回の株式譲渡は、ヤマハ発動機とファンティック社とのパートナーシップを強化することが狙いで、ファンティック社への株式譲渡契約など一連の手続きはEWCとの協議に基づき、年内完了を予定しています。

MM社(Motori Minarelli S.P.A.)本社

 MM社は、50~400ccの二輪車用エンジンを年間8万基生産し、ヤマハの欧州における二輪車製造子会社MBK Industrie S.A.S(フランス)に加え、譲渡先のファンティック社を含む、欧州域内の他の二輪車メーカーにもエンジンを供給しています。MM社とファンティック社との協業は1970年からスタートしています。

【了】

【画像】ヤマハ発動機とファンティック社を見る

画像ギャラリー

最新記事