ヤマハ「MT」シリーズ新型登場か!? 凝った作りのティザー動画を公開

米国ヤマハは、「A New Power from the Darkness」というタイトルがつけられた新型モデルのティザー動画を公開しました。

欧州でも高い人気を誇るMTシリーズ

 米国ヤマハ(Yamaha Motor Corporation, U.S.A.)は、「A New Power from the Darkness」というタイトルがつけられた新型モデルのティザー動画を公開しました。

ヤマハが公開した新型「MT」シリーズを匂わせるティザー動画

 公開された動画では、新型モデルと思しき車両の一部とともに、「日本のダークサイド」「マスター・オブ・トルク」などのワードが登場しますが、こうした点を踏まえれば

・「日本のダークサイド」=「Dark Side of Japan」=欧州におけるMTシリーズのキャッチコピー
・「マスター・オブ・トルク」=「Master of Torque」=MTの名称の由来

であることからMTシリーズのいずれかの新型モデルであることが予想されます。

ヤマハ「MT」シリーズの元祖「MT-01」

 2005年に登場した「MT-01」を皮切りに、現在では国内外で様々な排気量のモデルが展開されているMTシリーズは個性的なフロントマスクを備えたネイキッドモデルで、日本国内においてはMT-25、MT-03、MT-07、MT-09、MT-10の5種類が販売中で、2020年にはヤマハのフラッグシップ・スポーツ「YZF-R1」のイメージを踏襲したボディカラーも採用されています。
 
 豊富な種類が用意されたMTシリーズだけに、どのクラスのモデルが新型になるのか、期待が高まります。

【画像】次期MT登場か? ヤマハが公開したティザー動画の画像を見る(10枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事