ヤマハ「AEROX 155」新型登場 快適性を高める「Yコネクト」搭載車もラインナップ

ヤマハインドネシアモーターマニュファクチャリング(YIMM)はスポーティな外観のスクーターモデルAEROX (エアロックス)155 CONNECTED (コネクテッド)/ABS VERSION(エー・ビー・エス・バージョン)の新型モデルを発表しました。どのような特徴があるのでしょうか。

ヤマハ「マキシスポーツ・スクーター」シリーズの最新モデル

 ヤマハインドネシアモーターマニュファクチャリング(YIMM)はスポーティな外観のスクーターモデルAEROX (エアロックス)155 CONNECTED (コネクテッド)/ABS VERSION(エー・ビー・エス・バージョン)の新型モデルを発表しました。

ヤマハ「AEROX (エアロックス)155」

 排気量155ccの最新ブルーコアエンジンを搭載したエアロックス155は、NMAXやT-MAX、LEXIなどのスポーツ・スクーターで構成された「MAXI YAMAHA」シリーズに属するスポーティなモデルです。

 最新のエアロックス155では従来モデル同様にエッジの効いたデザインはそのままに、新型のLEDヘッドライト、テールライト、DRL(デイタイム・ランニング・ライト)を採用。

 スマートフォンの着信通知やアクセル開度、エンジン回転数、加速度、エコ運転状況等を表示するRevsDashboard、ライディングデータをもとにメンテナンス時期を知らせるメンテナンスリコメンド、燃費管理、故障通知、駐車位置の確認などが利用できるアプリ「Y-Connect」とコネクト出来るモデルもラインナップされました。

 現状、日本への導入については発表されていませんが、ヤマハならではのスポーティな一台だけに導入に期待したいところです。

【了】

【画像】ヤマハ「AEROX (エアロックス)155」の画像を見る(6枚)

画像ギャラリー

最新記事