ホンダ「NC750X」新型公開 よりスポーティかつシャープになった最新モデル

ホンダ・ヨーロッパはシャープなスタイリングと上質な走り、遊び心をかき立てる装備を採用した大型バイク「NC750X」の新型モデルを発表しました。どのように進化したのでしょうか。

よりシャープでスポーティに

 ホンダ・ヨーロッパはシャープなスタイリングと上質な走り、遊び心をかき立てる装備を採用した大型バイク「NC750X」の新型モデルを発表しました。

ホンダ「NC750X」新型モデル

 ホンダのNC750Xは、一般的なバイクの燃料タンクに位置する場所にフルフェイスも収納可能なラゲッジスペースを備えた個性派モデルです。今回のモデルチェンジにより、その容量も1Lアップの23Lまで拡大され利便性が高められました。

 最高出力を3kWアップし43kW(≒58.5PS)まで高められ排気量750cc水冷パラレルツインエンジンを搭載するNC750X最新モデルでは、6kgの軽量化とギアレシオの変更により、よりスポーティな走行が可能といいます。

 また、シャープにデザインの小型フェアリングを採用した新型モデルでは、デュアルクラッチトランスミッションのシフトパターンと連動した「スポーツ」「レイン」「スタンダード」の3つのライディングモードが選択可能で、エンジン特性とレスポンスの調整が可能となっています。

 その他、最新のNC750Xでは新しいデザインのスクリーン、フルカラー液晶インストルメントパネル、USBポート、より細かくコントロールできるようになったHondaセレクタブルトルクコントロールなども採用されています。

【了】

【画像】ホンダ「NC750X」新型モデルの画像を見る(13枚)

画像ギャラリー

最新記事