堅調なセールスのホンダ「CRF250L」「CRF250 RALLY」 新型コロナの影響により輸送遅延

ホンダは2020年11月13日に発表し、12月17日発売を予定している軽二輪オフロードモデル「CRF250L」「CRF250 RALLY」の輸送遅延について発表しました。

人気のオフロードモデルの輸送が遅延

 ホンダは2020年11月13日に発表し、12月17日発売を予定している軽二輪オフロードモデル「CRF250L」「CRF250 RALLY」の輸送遅延について発表しました。

フルモデルチェンジしたホンダ「CRF250L」

 2012年に初代モデルが登場したCRF250Lは、力強く扱いやすい出力特性の水冷4ストローク・DOHC・249cc単気筒エンジンを搭載するグローバルモデルです。2017年にはオフロード性能を有するツーリングモデル「CRF250 RALLY」をラインナップに加え、シリーズ合計で約13万台もの世界累計販売台数を記録しています。

 全面刷新し、より優れた走行性とレース用バイク譲りのスタイリングとなった新型モデルは、公開から1ヶ月弱でシリーズ合計1920台(CRF250L/1380台 CRF250 RALLY_540台)を受注。

 CRF250Lにおいては販売計画台数(国内・年間)2200台の約6割、CRF250 RALLYにおいては販売計画台数1500台の1/3に当たる台数を受注しています。

フルモデルチェンジしたホンダ「CRF250 RALLY」

 なお、今回の遅延は新型コロナウイルス感染症等の影響によるもので、生産拠点であるタイ二輪車工場(Thai Honda Manufacturing Co.,Ltd.)からの輸送に遅れが出たためといいます。

 ホンダは、「製品のお届けに関しましては、今しばらくお時間を頂戴する事になりますが、一日も早く製品をお届けできるよう、最大限の努力をしてまいりますので、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます」と発表していますが、堅調なセールスを記録してるモデルだけに早期導入に期待したいところです。

【了】

【画像】フルモデルチェンジしたホンダ「CRF250」シリーズの画像を見る(6枚)

画像ギャラリー

最新記事